jpg NEO Sense of Horse Life 変則クラシック2冠達成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

変則クラシック2冠達成

05NHKmileC02-400.gif

NHKマイルC 2005
1着 ラインクラフト 2着 デアリングハート
写真提供 : Sponichi Annex



日曜のレースの興奮を残して、また新しい週が始まって、忙しい日々を過ごしています。
レース回顧、遅くなりました。

それにしても、NHKマイルCのラインクラフトは、本当に素晴らしかったです。

ずっと、応援をしてきていたものの、正直、桜花賞のパドックでは、
2着に入ったシーザリオの黒光りする青鹿毛の馬体のほうが、物凄く目立っていて、
ラインクラフトの静かな落ち着きが、かえって心配になっていたんです。
それでも、終わってみれば、自在な脚を使う器用な走りで、見事優勝したわけですから、
本当に能力の高い馬だったというわけです。

それが、NHKマイルCの時は、桜花賞の時よりさらに状態が良く、
馬体重も増減なし。 課題だった輸送もクリアーし、絶好調です。
パドック周回は、フンフンと気分よさそうに首を振りながら、
どっしりと安定した風格を漂わせていました。

むしろ、男馬のマイネルハーティーのチャカついた動きを横目に、
「 あら? 坊や、
  そんなにバタバタするモンじゃないわよ。
  落ち着きなさいな。
  今日は、たったの1600m。
  ものの1分半で、走り終わっちゃうのよ!
  このワタクシを見習いなさいませよ!」
などと、お姉さま然とした眼(ガン)を飛ばしているように見えました。(笑)

人気は、
1 ペールギュント
2 ラインクラフト
3 マイネルハーティー
4 アイルラヴァゲイン  
5 ビッグプラネット


レースは、前半、ゆるい流れで、うまくリズムに乗れた
ラインクラフトとデアリングハートの牝馬2頭。
ラインクラフトは、中段につけて、4コーナーを回って、直線に向かうと、
それからは、上手く、最内を抜けてきました。 
そのまま、府中の坂を上っていくわけですけれど、
脚色が、2頭とも全然違ってましたね。
特に、デアリングハートは、4コーナー手前までは、
ラインクラフトと並んで走っていたのが、コーナリングのところで、
鞍上の後藤騎手は、彼女を外に持ち出して、
ラインクラフト以上に足を伸ばしてしまったと思います。
それでも小さな馬体を弾ませて、スピードに乗ってぐんぐんと伸びてきて、
3着以下を差し切りましたねぇ。
牡馬達のストライドの長さと比べて、一完歩ごとに突き放していきました。

レース実況は、NHKの放送で観て、
あとでビデオに撮っていたフジTVの放送をじっくり観ながら、このレース回顧を書いてます。
そのTVに映し出された、昨年のキングカメハメハのゴールを観て、

” いや~~、こんなすごいことをしでかした馬とおんなじレースを制したんだなあ・・・
ほんとに、ラインクラフトという牝馬は、すごいことをやったんだなあ・・・。”
と、改めて感動してしまいました。
福永祐一騎手も、上手かったです!
ウィニングラン、何度も拳を挙げて、笑顔がはじけてますね。
物凄く嬉しそう!

すごいなあ~~。
直線の、芝生の緑の青さと茶色の馬体の美しさ!
この日の彼女達は、本当に身震いするほど、カッコ良かったです。
シーキンザパール以来、8年ぶりの牝馬の勝利、
歴史に残る名牝の誕生です。



TV中継の解説者の吉田均さんが、
しきりに3着に入ったアイルラヴァゲインのことを、褒めてましたよ。

「 実績はないけれど、マイラーとしての資質は、
  トップクラスと比べても、遜色はない馬。
  今日は、一番いい状態に仕上がってきてますから、
  上手く折り合いがつけば、はじけると思いますよ。」
ってね。

その通りの結果になりました。

それにしても、ラインクラフト、
稲妻の白い流星の顔が輝いてます。
久しぶりに、大興奮のG1レースでした。

ラインクラフト
父馬 エンドスウィープ 母馬 マストビーラヴド 母父馬 サンデーサイレンス
生年月日 2002年4月4日 性別 牝 毛色 鹿毛
馬主 大澤 繁昌 生産者 ノーザンファーム
所属 瀬戸口勉
戦績 6戦5勝 2着0回




第10回 NHKマイルC(GI) 芝1600m
    全着順

1 6 12 ラインクラフト 牝3 55.0 福永祐一 1分33秒6
2 7 13 デアリングハート 牝3 55.0 後藤浩輝 1馬身3/4
3 2 4 アイルラヴァゲイン 牡3 57.0 横山典弘
4 1 2 ペールギュント  牡3 57.0 武豊  2馬身
5 2 3 セイウンニムカウ 牡3 57.0 安藤勝己 1馬身1/4
6 1 1 エイシンヴァイデン 牡3 57.0 武幸四郎 3/4馬身
7 7 14 ビッグプラネット 牡3 57.0 蛯名正義 1馬身1/2
8 3 6 パリブレスト    牡3 57.0 田中勝春 クビ
9 4 8 バブルエスティーム 牡3 57.0 小牧太  ハナ
10 8 17 イヤダイヤダ   牡3 57.0 柴田善臣 1馬身
11 3 5 コパノフウジン  牡3 57.0 佐藤哲三 クビ
12 6 11 マイネルハーティー牡3 57.0 内田博幸 1/2馬身
13 5 9 ディープサマー   牡3 57.0 藤田伸二 1/2馬身
14 8 16 ストラスアイラ  牡3 57.0 吉田豊  3/4馬身
15 4 7 コスモフォーチュン 牝3 55.0 松岡正海 1馬身
16 8 18 インプレッション 牡3 57.0 松永幹夫 1/2馬身
17 5 10 シルクトゥルーパー牡3 57.0 上村洋行 クビ
18 7 15 マルターズビクター牡3 57.0 勝浦正樹 クビ

スポンサーサイト
04:07 | レース回顧 | comments (2) | trackbacks (3) | page top↑
ヒシミラクルの引退が決定 | top | ラインクラフト ~新たなる名牝の誕生 ~

コメント

#
レース回顧、読ませていただきました。

JaさんはNHKとフジTVの2本立てなのね。
私は、放送前と後はtvk で予習、復習をしています。本番はフジが多いかな。いつもの習慣で。。^_^;
私の「れーす回顧」はTVKで仕入れたネタを書くつもりです。

今年の春競馬、面白くなってきましたね。
ワクワク (*^。^*)
by: hamuko | 2005/05/13 00:20 | URL [編集] | page top↑
#
hamukoさん、コメントありがとう♪

>JaさんはNHKとフジTVの2本立てなのね。
いつもは、フジTVですよ。クラシックのレースは、NHKも中継してくれるので、CM挟まない分、じっくり観られるので、結構習慣で、NHKにチャンネル合わせてますね。
引越ししてから、ケーブルの加入をしてなくて、予習、復習できないのね。だから、いつも復習のみです。(笑)あっ!予習は、前日のTV東京の競馬中継で、原さんが追い切りのコメントと予想をしてくれているので、その辺を参考にしたりします。
でも、やっぱり当日のパドックで状態を見るほうが、当たりやすいですね。
(って、馬券は買わないけれどね。)

>私の「れーす回顧」はTVKで仕入れたネタを書くつもりです。
おお、それは、また楽しみです。

>今年の春競馬、面白くなってきましたね。
hamukoさん、29日の府中を忘れないでね。
また、直前になったら、連絡しますよ。
私は、オークスも観に行きたくなってます。d(^_^o)
by: Jacaranda | 2005/05/13 00:43 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/9-28f524ca
エイシヴァイデンが逃げ、ビッグプラネットが3番手、ラインクラフトが4番手の内、アイルラヴァゲイン中団、
2005/05/11 (Wed) 06:55 | [的]競馬ニュース的ブログ
牝馬2頭で決着。桜花賞組強かったですね。1着ラインクラフトはパドックでも良く見え、ペールギュントは甘えてて子供っぽかったです。マイネルハーティもチャカチャカしてて、軸はラインクラフトでいいなと珍しく確信。やっぱり、大丈夫でした。それにしても、2着デアリン
2005/05/11 (Wed) 11:14 | めかりんだいありぃ
ラインクラフト・・変則2冠馬おめでとうございます!!そして今回ラインクラフトの上りが33.6という数字にもビックリ(^▽^;)道中も4~5番手に、直線に入ったときにはもうすでに2番手。そこからこんな脚を使われたのでは後続の馬達は敵わないですよね。33.0秒台前半位・・あれ?
2005/05/11 (Wed) 20:43 | soliloquy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。