jpg NEO Sense of Horse Life 威風堂々、ディープインパクトの走り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

威風堂々、ディープインパクトの走り

2006hanshinD.jpg
阪神大賞典 2006
写真提供:SANSPO.com



いや~~、強かったですね。ディープインパクト。
今日の、阪神競馬場で生の彼を久々にご覧になった方、鳥肌が立ったのではないでしょうか。
かくいう私は、TV観戦でしたけれど、最後3コーナー過ぎから、まくって進出してくるディープに、
「 これだこれだ~~ぁ!
  キタキタキタ~~~ァ! 」
と、( まるで「電車男」のように!?)画面に向かって思わず叫んでました。

これですよ、これ!
あの三冠を制した昨年の彼の走りが戻ってきましたね。
すばらしかった。
あっぱれとしか言いようがない。

昨年暮れの有馬記念でまさかの土をつけてしまった彼。
なんとなく精彩を欠いていたあの姿がどうしても腑に落ちず、年を越してしまいました。
それにしても、このレースに向けての調教が、なにやらきな臭い報告ばかり。
コスモバルク並み(ゴメン!バルク。)に、かかり癖があるというディープインパクトの追い切りの不調が耳に入ってきてちょっと心配だったんですけれどね。
それに、昨年のダービーで、肉迫していたライバル、インティライミの参戦で、2度目の直接対決。さぁ~~て?
あげく、ステイヤーの貫禄のデルタブルース。。などなど、
結構、内心もしや??、いやいや・・?
と、なんとなく落ち着かずにTVの前に座って待っていました。

オッズ、単賞1倍強の堂々たる一番人気。

いよいよ、パドック中継です。

うん? なんか馬体重+2Kgというが、それ以上にふっくら、堂々と落ち着いて周回しています。
おお! これが古馬の貫禄か・・・!
一方、ライバルのインティライミはなんだか元気がない・・・
デルタブルースに至っては、おとなしいぞ・・・
これは、イケルカモ。。。


レースは、3000m のせいか、縦長の展開。
後方待機のティープインパクトでしたが、菊花賞の時とおんなじか、最初の4コーナーで、早くもゴールと勘違いしたか、行きたがってしまっているぞ!
鞍上の武騎手が、何とか手綱を引き締めて、なだめている感じが手に取るように判る。

しかし、しかし!
やっぱりすごいのは、ここからでした。
3コーナーを過ぎてから、図ったように徐々に進出してくる。
終始、前にいたトウカイトリック、デルタブルース、インティライミと有力どころをぐんぐん追い詰めて行き、4コーナーから直線に向かう頃は、もう文句なしの横綱レース。

風のようにしなやかに走るディープインパクトのその姿。
私は何故か、TV画面に映し出される、
直線を飛んでいる彼の射るような鋭く光る眼をずっと見ていました。
彼のその眼の輝き、久々に観ました。
ゾクゾクっと、胸が震えましたよ。

やっぱり、凄い馬だよね。

それにしても、インティライミ、直線に入ってからズルズル後退。
やっぱり3000mは、彼には長かったのかなァ。。。

強風の中のレース。
空は晴れ渡り、その中の緑のターフを駆け抜ける、きらきら輝くディープインパクトは、
将に時代の風雲馬なり!
素直に脱帽です。



阪神大賞典 全着順

(4歳上、GII・芝3000m)

1 ディープインパクト 3:08.8
2 トウカイトリック 3.1/2
3 デルタブルース 4
4 ハイフレンドトライ 4
5 ファストタテヤマ 2
6 アイポッパー 2
7 チャクラ 7
8 インティライミ 1.1/4
9 ブリットレーン 9




阪神大賞典前 追い切りのディープインパクト
写真提供:SANSPO.com


スポンサーサイト
21:19 | レース回顧 | comments (2) | trackbacks (2) | page top↑
今日は、日経賞だ! | top | 強いね~~、フサイチジャンク!

コメント

#魅力的ですね
Jacaranda さん、こんばんは。

本当に魅力的な眼をして走る馬ですよね、ディープは。
私も、あの弾けるような走りに感動しました~。

Jacaranda さんのように、
馬の表情にコメントしてくださる方って、
とっても貴重なので嬉しいですね(^^)
by: remi | 2006/03/19 22:56 | URL [編集] | page top↑
#やっぱりディープは凄いです
remiさん、今晩は♪
一夜明けて、今日一日とってもうきうきした気分で仕事もはかどりました。 会社のPCでそっとスポーツ記事をネットでチェックして、負けたトウカイトリックやインティライミの騎手のコメントを読んで、一人でニタニタしていた怪しい私でした。
>本当に魅力的な眼をして走る馬ですよね、ディープは。
実を言うと、これまで関係者たちが口をそろえていう、「ディープの美しい眼」と言うのを実感したことはなかったのですが、昨日は不思議と吸い寄せられるように、独走態勢になった直線を飛ぶように走っているディープの眼が、ものすごく光っていたんですよ。遠めにでも、それはしっかり見えました。

今年も、彼の走りで、いっぱいエネルギーをもらえそうです♪
by: Jacaranda | 2006/03/21 00:30 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/86-607c5cb6
スプリングSでのゴール前の激戦、阪神大賞典での余裕というか次元の違いは見ていた楽しかったよ。スプ
2006/03/19 (Sun) 21:47 | 気の向く馬馬
強いですね~ディープ…。【阪神大賞典】
2006/03/19 (Sun) 22:39 | remiの直線一気ゴボウぬき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。