jpg NEO Sense of Horse Life 日経新春杯のエルノヴァ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

日経新春杯のエルノヴァ


日経新春杯 2006
写真提供:SponichiAnnex


日曜日の東西メインレースは、
京成杯(中山)と日経新春杯(京都)だった。

京都のレース、日経新春杯の出走馬は、
昨年、ダービーで大いに沸かせてくれた2着馬のインティライミの復活戦だった。
あのディープインパクトを最も脅かした大物の彼だったが、残念ながらレース後、蹄の不安で長期休養に入ってしまっていた。

久々だが、ファンの単勝一番人気だ。
パドックで見た彼は、あの赤いクロスのかっこいいメンコをつけていて、
春よりさらにさらに走りそうな気配。

intiraimi.gif
インティライミ ダービーパドック 2005


そして、そして。。。。
なんと2番人気は、7歳になった牝馬エルノヴァだ。
まあ、昨年暮れのステイヤーズSで、あわやの2着に食い込んだ
実力の持ち主。 絶対に大崩はしない彼女。
その上、鞍上は、あの武豊騎手だ。

そりゃぁ、期待もしますよね。

結構お気に入りの馬なので、私もひそかに期待。
パドックだってとても落ち着いて、調子よさそげだったし・・・

それが・・・
いざ、スタートすると、
後方3番手をゆっくり追走。。。

(アレレ?)

ぜんぜん、前に出る気配なし。
最後の直線で、進出予定???

いえいえ、ぜ~~んぜん、流れに乗ってません!

結果は。。。
10着ですよ。。。(涙)


終わって、武騎手いわく

「3600メートル(ステイヤーズS2着)で頑張りすぎたのかな」と・・・
ととと・・・??
嗚呼、彼女ももう7歳だもんね。
旧馬齢表示だと、8歳ですよ!
そりゃあ、あのイクノディクタスより長いよ!

最後の一花咲かせて、引退させてあげてもいいのにね。。。


さあて、レースのほう、
1番人気のインティライミ
直線抜け出すのは早かったのですが、最後のもう一伸びがなかった。
残念3着。

勝ったのは、同じ4歳馬、遅咲きのアドマイヤベガ産駒
アドマイヤフジだった。

今年の天皇賞・春は、久々に燃えそう!!!



記事参照:SANAPO.com
スポンサーサイト
01:54 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (2) | page top↑
ビワハヤヒデの引退 | top | 2005JRA 年度代表馬決定!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/79-a84600e2
京成杯は1.3番の断トツ人気に応えてジャリスコライトがとりあえず完勝だった。今日は朝日杯とは違ってし
2006/01/17 (Tue) 05:39 | 気の向く馬馬
日経新春杯アドマイヤフジは+12kgだったものの言うほど太め感なし。坂の下りのある京都は下手だと言っていたが快勝。詰めの甘さも解消されつつある走りだと思った。スウィフトカレント、すんごい脚で強襲。軽ハンデ、馬場の外めもあるがよく伸びた。インティライミは4コー..
2006/01/17 (Tue) 19:58 | [踊]Dance!Dance!Dance!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。