jpg NEO Sense of Horse Life 神戸新聞杯 悲喜こもごも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

神戸新聞杯 悲喜こもごも


神戸新聞杯 2005
写真提供:Sponichi Annex



昨日の神戸新聞杯。
結果は、もう既にスポーツ各紙で取り上げられている通り。

文句のないレース。
ディープインパクトの強さを再認識したレースになった。

10月23日の菊花賞の舞台の勝利を期待してしまう。

パドックでは、陣営が、今夏じっくり教え込んだという
ダービー時の尻っぱね癖が見事になくなり、
闘志を前面に出してはいるけれど、
相変わらず、性格のよさそうな顔つきで周回していた。
馬体重は、増減無しのきっちり仕上げた感がありあり。
順調に過ごしてきたという現われだ。
文句の付けようがない!


一方、2番人気のストーミーカフェ。
共同通信杯時の体重から、何と-10Kgで出走してきた。
私の、ストーミーの印象は、筋肉モリモリとしたいかにも” 逃げ脚質 ”そのものの威圧感があったと思うのだけれど、
昨日の彼は、なんとなくおとなしめで寂しい感じが否めない。。。
タテガミを綺麗に編みこまれてあって、スッキリした若武者という雰囲気だけれど、
その分、春競馬頃の同期の馬の、その頃の幼さの気配を残している感じで、
並み居るライバルのような、一皮向けたような大人っぽさが感じ取れなかったのだ。
ちょっと見、牝馬のようだ。。。


さて、レース。

宣言どおりのストーミーカフェの逃げ。
ディープインパクトは、後方を悠々と追走。

一生懸命走っているのだけれど、
緩みのないハイペースで、一団の流れに緊張感がある。

( 先頭で、引っぱるストーミーには、きつい流れだろうな。。。)

「 後ろの馬の影を気にして、前に行ってしまう。」

という性格で、もしかしたら臆病なのかな。。。
という不安な気持ちがよぎる。


そのストーミーカフェの脚も4角を周る頃には止まってしまった。
直線に向いて、ズルズルと後退する姿は、
観ていて悲しかった。

 一方、ディープインパクトは、もう完璧といっていい。
素晴らしい走りだった。
3コーナー過ぎたあたりから徐々に進出。
一瞬、首を下げたかと思うとギアチェンジしたかのように、
す~~っと、脚を延ばしてくる。
一完歩のトビが大きくて、他馬のストライドと明らかに違う。
するすると前を捉え始めたと思ったら、
直線半ばで既に完全に勝利を手にした。

ゴール前を駆け抜けるディープインパクトの姿は、
尾を風にたなびかせて、しなやかに走る一級品の芸術を見ている気がした。


2着は、春の実績馬、シックスセンス。
3着にも、ローゼンクロイツが入った。


ふと、
同じような神戸新聞杯から菊花賞を制した
ビワハヤヒデのことを思い出していた。
彼の神戸新聞杯のレース振りも、
全然危なげなく、貫禄の勝ちっぷりだった。
その時も、菊花賞の勝利を確信した。

数ある3冠馬でさえ、秋のトライアルは取りこぼしていたりする。
逆にトライアルで素晴らしい勝ちっぷりをした馬であっても
本番の菊花賞では、優勝できなかったこともある。

レースに絶対はないだろう。
しかし、
ディープインパクトは、春のダービーの時もそうであったように、
ライバルが見当たらない。
既に同期のなかでは、決着がついた気がする。


それにしても・・・
ストーミーカフェ。

これで終わらないよね。
骨折明けで、体重も減少していたし、
調教もそれほど芳しくなかったし・・・

今後も、私は彼の走りを追い続けていきます。
ずっと、応援していくからね。

次走は、どこに向かうのだろう。。。
菊花賞より、もう
そっちのほうが、気になるね。




スポンサーサイト
18:31 | レース回顧 | comments (4) | trackbacks (4) | page top↑
オールカマー回顧 | top | ディープインパクト、順調な追い切り

コメント

#
Jacarandaさん、こんばんは。
ストーミーカフェ、残念な結果に終わってしまいましたね。馬体重の発表を見て、10キロ減には驚いてしまいました。
今までの大胆な逃げに、ヤンチャで図太いイメージがあったのですが、輸送で痩せてしまう、デリケートな馬だったのかもしれません。追ってくる馬の影を気にするあたりからも、怖がりな面も見られるようですし。

小島先生は秋天を考えているようですね。今度こそ、あの強烈な逃げっぷりを見せてほしいです。私も、今後も応援していきたいと思っています(^^)
by: remi | 2005/09/26 23:07 | URL [編集] | page top↑
#心配しない方がいいですよ
1回負けたくらいであまり心配しない方がいいですよ
次走ボロ負けるとヤバイけどネ
ボクは今回もボロ負けたヴァーミリアンの方が心配
by: マルセル | 2005/09/27 00:13 | URL [編集] | page top↑
#
remiさん、こんばんは。

>今までの大胆な逃げに、ヤンチャで図太いイメージがあったのですが、輸送で痩せてしまう、デリケートな馬だったのかもしれません。追ってくる馬の影を気にするあたりからも、怖がりな面も見られるようですし。
ストーミーカフェ、、、
結構、ず太い性格で、ガンガン飛ばすタイプなのかなって思ってましたけれどね。結構、繊細なのかもしれませんね。 乗っていた四位騎手もそんなコメントだった気がしますね。

>小島先生は秋天を考えているようですね。
そうですか。やっぱりね。秋天の距離のほうが、向いていると思いますね。
そうすると、スイープトウショウとかゼンノロブロイとか結構厳しい戦いですね。
頑張って欲しいです。
二走目、期待ですね。
by: Jacaranda | 2005/09/28 01:18 | URL [編集] | page top↑
#
マルセルさん、
>1回負けたくらいであまり心配しない方がいいですよ。
そうですね・・・
結構、思い入れのある馬なんで、あんまり冷静に見られなかったのですよね。(汗)

>次走ボロ負けるとヤバイけどネ
その次走ですが、秋天なんですよね・・・、U~~nn,古馬との対決、難しい判断です。。。
でも、善戦して欲しいですよね。骨折前の彼の実力を発揮してくれさえすれば・・・

>ヴァーミリアンの方が心配
確かに・・・
なんか早熟だったのかな・・。
でもね。昨年のJCのホオキパウェーブが、ちょうどそういう感じだったので、「終わったのか。・・・」と思っていたんですけれど、見事復活しましたからね。長い目で見てあげましょう。

by: Jacaranda | 2005/09/28 01:23 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/54-966a53c9
東西で行われたふたつのGII重賞、予想で切った馬がそれぞれ1着、2着に入って、「キルトクール」の神様はことのほか私のことが好きらしい。まあ、しかたない。神戸新聞杯は予想通りストーミーカフェが逃げて、前後半59秒1-59秒3。きれいな平均ペースで、道中ごちゃつ
2005/09/26 (Mon) 18:46 | Racing Blog 2005
◆神戸新聞杯(GII) 圧倒的な支持を集めたディープインパクトが、全く危なげのないレースで大楽勝、いや、ただ流してまわってきただけのようにすら思える内容でした。 スタートはいつも通りすこしあおって出遅れ、最後方からの競馬でしたが、鞍上は当然同様などなく、向.
2005/09/26 (Mon) 20:23 | 毎日が馬三昧。。
【オールカマー】昨年の優勝馬は逃げ切り勝ちでしたが、今年の逃げ馬コイントスは出遅れ…(-_-;)
2005/09/26 (Mon) 22:58 | remiの直線一気ゴボウぬき
おめでとうディープインパクト!強さに脱帽です!ディープインパクトの衝撃の余韻が残っているうちに観戦記を書きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。