jpg NEO Sense of Horse Life ダイワ軍団 華麗に復活!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ダイワ軍団 華麗に復活!

mermaid2005-350.gif
ダイワエルシエーロ マーメイドS 2005 
写真提供:Spohichi Annex.com


春競馬が終わってから、少しノンビリしています。
週末は、予定が目いっぱい入ってしまっているので、
土曜競馬中継を録画しなかったし、日曜のレースの予習もしていなかった。。。

日曜は、福島、阪神ともに重賞がありました。
福島メインは、七夕賞(G3・芝2000m)、阪神は、マーメイドS(G3・牝馬限定/芝2000m)。

どちらも、面白い結果でした。

特に、マーメイドSは、昨年の桜花賞馬のダイワエルシエーロが
見事に復活したレースになりましたね。

ダイワエルシエーロ、本当に心配していました。
クラシック馬である栄光が、過去のものとなりつつある程
今年、古馬になってからの彼女の低迷振りはひどかったですから・・・。
一時は、地方の交流レースのダート戦川崎記念に出走したりして、
陣営が、彼女の出るレース、路線に苦慮しているふうが見て取れていました。

なんだか、観ているだけで、可哀想になるくらい。。。
もう「 ダイワエルシエーロは終わった。 」とか
繁殖入りしたほうが・・・とか、囁かれていたりして、心が痛んでいました。
その一方で、ライバルのスイープトウショウの輝き。
後輩のシーザリオの破竹の勢い。
ダンスインザムードとともに、なかなか勝ちきれないレース振りが続いていたものですから・・・。

本当によかった。
最後の直線では、おもわず 「 そのまま、そのまま~~!! 」
と叫んでいました。

そんなレース前、久々に見たパドックの様子では、とても軽快でした。
首を前後にフリフリしていて、気持ちよさそうにゆったり周回していましたから。
私は、当日のパドックで、大体、今日は走る!とぴんと来る馬が、大体間違いなく走ってくれるので、今日も、自信を持って、
ダイワエルシエーロは、いい線行きそう!と、確信しましたよ。

TVの解説者に、
「 ダイワエルシエーロ、ここで復活しなければ、先が見えないですね~~。」
とまで言われていた彼女。
ああ、ほんとによかった、よかった。

レースは、早々と先頭に立ち、そのまま押し切って勝ってしまいました。
鞍上の福永騎手の勢いも加勢したかな・・・
久々の勝利の美酒を味わいました。

あと、直線後ろから飛んできて3着に入った
ミスパスカリは、クロフネの妹で芦毛の馬、これも嬉しい入線でした。



tanabatasho2005-350.gif
ダイワレイダーズ(1着) トウセンダンディ 七夕賞 2005
写真提供:Sponichi Annex.com


一方、福島メインの七夕賞。
七夕賞といえば、大逃げをして勝った1993年のツインターボの七夕賞を思い出してしまいます。
今日も、そんな大逃げを図ったマルタカキラリーだったけれど、
やっぱり無謀な逃げで、④コーナーを回る頃には、他馬に抜かれて行き、
直線は、もうズルズル~~。
大差負けを喫してしまいました。。。

勝ったのは、一番人気のダイワレイダース。
2着には、特徴的な顔の流星の馬、トーセンダンディでした。


全着順
マーメイドS
1 6 6 ダイワエルシエーロ        牝4 56.0 福永祐一 2分00秒5 2
2 5 5 マイネサマンサ          牝5 55.0 安藤勝己 1馬身3/4 3
3 8 10 ミスパスカリ           牝4 55.0 岩田康誠 4馬身 5
4 1 1 マイティーカラー         牝5 55.0 内田浩一 2馬身1/2 6
5 8 9 レクレドール           牝4 55.0 熊沢重文 クビ 1
6 2 2 メモリーキアヌ          牝5 55.0 角田晃一 2馬身1/2 7
7 7 7 メイショウオスカル        牝4 55.0 池添謙一 クビ 4
8 4 4 レンドフェリーチェ        牝5 55.0 柴原央明 1馬身 8
9 7 8 ウシュアイア           牝5 55.0 小牧太  2馬身1/2 9
取消 3 3 マイネソーサリス        


七夕賞
1 4 4 ダイワレイダース         牡6 56.0 後藤浩輝 2分00秒4 1
2 8 10 トーセンダンディ         牡7 56.0 江田照男 3/4馬身 8
3 7 7 グラスボンバー          牡5 55.0 勝浦正樹 3/4馬身 3
4 7 8 カナハラドラゴン         牡7 56.0 田中勝春 1馬身3/4 7
5 3 3 グランプリゴールド        牡5 51.0 大西直宏 2馬身1/2 10
6 1 1 ラヴァリージェニオ        セ6 56.0 北村宏司 クビ 4
7 2 2 ユキノサンロイヤル        牡8 57.5 小野次郎 2馬身1/2 2
8 8 9 マイネルホライズン        牡5 53.0 木幡初広 2馬身1/2 5
9 5 5 オースミステイヤー        牡7 54.0 中舘英二 1馬身 9
10 6 6 マルタカキラリー         牡7 48.0 西田雄一 大差 6
スポンサーサイト
08:03 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (4) | page top↑
シーザリオ 右前脚の繋靱帯炎発症! | top | 日米オークスの歴史的快挙

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/45-072d685d
■■マーメイドステークス (GIII)■■ダイワエルシエーロ・・復活オメデトウございます!稍重でのコースで逃げたダイワエルシエーロが直線でマイネサマンサと並びかけるが、最後は突き放して 1 3/4馬身差で逃げ切り勝ち、3着にはミスパスカリが追い込んできてダイワエル
2005/07/11 (Mon) 11:02 | soliloquy
マーメイドSダイワエルシエーロがマイペースで逃げきった。自分の形に持ち込めばまだイケルところを見せた。福永騎手のインタビューで「手ごたえがあやしくなってきたが地力の違いで押し切った。」というような内容の発言。やっぱり2000mは長いんでしょうか。マイネサマ
2005/07/11 (Mon) 13:14 | [踊]Dance!Dance!Dance!
ダイワ-ダイワの結果か。。。【七夕賞】マルタカキラリーが軽量とは言え、1000m58.6の暴走、離れた2番手追走のトーセンダンディが4角で先頭に立ち、直線に入ってダイワレイダースとの追い比べとなったがダイワが
2005/07/11 (Mon) 19:31 | [的]競馬ニュース的ブログ
今日はやっぱり、回避すべきだったかなあ…(-_-;)【七夕賞】ついに1番人気負けのジンクスを破りましたね、ダイワレイダース。馬体重が減り続けているようで、どうかなあと思ったけど、トーセンダンデイとの追い比べを抜け出しての勝利。後藤騎手もお見事でした。トーセンダ
2005/07/11 (Mon) 22:36 | remiの直線一気ゴボウぬき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。