jpg NEO Sense of Horse Life Keiba Baton - 回答します -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Keiba Baton - 回答します -

pony.jpg

宝塚記念の回顧も無事投稿を終えたので、ゆっくり回答していきたいと思います。

○貴方の競馬歴は。。。
拙コンテンツ記事「 Memorial Horses 」の冒頭にも書きましたが、
1992年春、ミホノブルボンが勝った皐月賞からです。
でも、途中、育児で1996年あたりから少しお休みしていた期間が数年あります。
その間は、G1くらいを新聞で確認するくらいでした。
完全復活したのは、2003年秋・天皇賞のシンボリクリスエスからですね。

○今まで一番印象に残っているレースは。。。
う~ん、これが一番難問です。
一つに決めるのは、はなはだ難しいですね・・・
ライスシャワーの最後のレースの宝塚記念
ホクトベガのエリザベス女王杯( ベガはベガでもホクトベガ!のあのレース )etc・・・
でも、今回は敢えて、以下のレースを挙げます!

1993年 神戸新聞杯のビワハヤヒデですね。
何故って、その年の春、大失恋をした私を勇気付けてくれていたビワハヤヒデの秋緒戦レース。
菊花賞での必勝を願っていた私は、そのレース当日には日本を遠く離れたパラグアイにいたので、結局、日本で彼を見ることができた最後のレースになりました。

今でも、初秋の西日を浴びながらの直線、2着以下を大きく引き離して、岡部センセイを鞍上に初めてトレードマークだった赤いメンコを外し、タテガミをなびかせて走るハヤヒデの姿を鮮やかに思い出すことが出来ます。
本当に嬉しかったですもの。
いろんな思いを持て余して、人生のどん底のような気持ちでいた私にエールを送ってくれたような彼の走りでしたから。
安心して、パラグアイに旅立つことが出来ました。

○今のお気に入りの馬は。。。
3歳牝馬では「シーザリオ」
あの、安定した走りと青鹿毛の馬体の輝き!
額の三日月の流星がチャーミング!
あと、「ラインクラフト」そして、アドマイヤベガ産駒、「ケイアイブーケ」かな。
3歳牡馬では「ストーミーカフェ」
昨年、亡くなったアドマイヤベガ産駒の中で一番応援しています。
次点で、実際の走る姿に感動したダービーでの「ディープインパクト」。(ゴメン!)
古馬(牡)では、ここのところスッキリしないですが、一応3歳から応援している「コスモバルク」の名を上げておきます。( バルクよ、ゴメン!)
古馬(牝)では、「ダンスインザムード」
基本的に青鹿毛のサンデーサイレンス系が好きなのです。
この中でも、今一番応援しているのは、シーザリオですね。


○今までの最高配当と払い戻しは。。。
今まで買った馬券は、ホクトベガの現役時代の1995年に、数回応援馬券を買ったのみです。 
以来、馬券は買ったことがありません。
で、当たったのが、京都大賞典のヒシアマゾンの単勝馬券です。 配当は1.4倍だったです。

○貴方の予想していく上で一番重視しているのは。。。
当日のパドックの様子。
大体、このときの馬の気配で、不思議に勘が働きます。
でも、私は馬券を買わないので、全然意味ないですけどね・・・(苦笑)


○好きな競馬場もしくはWINSは。。。
今まで通った中で一番好きな競馬場は、
赴任先の南米パラグアイの「 JOCKEY CLUB DEL PARAGUAY 」です。
毎日曜日は、午後、ノンビリ観戦するのが楽しみでした。
日本だと、行った事があるのが、東京と中山だけなので、
まだお気に入りの場所は見つかってないですね。
WINSには、行った事がないです。( 馬券買わないので・・・)

○馬券の種類は何派。。。
もし、買うとしたら、応援する馬の単勝でしょうね。
基本的に、当てようとか思わないので。。。
ただし、パラグアイの時は、しっかり買ってました。
3連単も買ってましたよ。 結構当ててました。

○今年の宝塚記念の本命は。。。
既に、回答済みですが、コスモバルクでした。

○競馬をギャンブルと思いますか。。。
馬券を買ってレースを予想するという性質上、ギャンブルの一種だと思いますが、
競艇や競輪と違って、走る生き物(馬)が存在するところに、そのギャンブル性を超えた多くの人々を感動させるドラマを持った魅力的なプロスポーツの一つだと思っています。

馬とのかかわりは、職業柄長いので、どうしてもレースは馬中心に観てしまいますね。
馬の心理とか気性とかそういった精神面が気になります。
その分、思いいれも深くなるので、好きな馬の一生をずっと追い続けています。


以上です。
駄文お読みくださってありがとうございました。





スポンサーサイト
02:28 | 競馬に関する四方山話 | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑
サポート馬、待望のデビュー戦 | top | スイープトウショウ 素晴らしい切れ味!

コメント

#ん~
Jacarandaさんらしさが出ていますね。
特に好きな競馬場、「海外」が出てくると思っていましたよ。
バトンは無理に渡さなくても。。。
by: ぜあみ | 2005/06/28 20:28 | URL [編集] | page top↑
#
ローマのカパネーリは行ったことがあります、ロンシャンは朝早く開催もしてないのに観に行きましたぁw
by: マルセル | 2005/06/28 23:51 | URL [編集] | page top↑
#ぜあみさんらしいです
ぜあみさん、感想ありがとうございます。
そうですか?私らしいですか?
あはは、でも、結構迷ってしまいましたね。1年後に同じ質問を受けたら、もしかすると違うことを書くかも。。。
競馬歴に関しても、競走馬とのかかわりということを言えば、もっと早くからになりますけれど、競馬というと、ミホノブルボンからですね。
>好きな競馬場、「海外」が出てくると思っていましたよ
あはは、これも、残念ながら、日本の競馬場ではこれといって気に入っているところがないし、断然雰囲気は海外のほうが好きですしね。
帯広競馬場へもちょこっトレースのないときに行ったことはあるんですよね。
バトンを渡す人、折角なので、候補者探してみますね。
by: Jacaranda | 2005/06/30 02:03 | URL [編集] | page top↑
#マルセルさんのも
マルセルさん、凄いですね。
ロンシャン競馬場行ってきたのですか?
ロンシャンは、あのテンポイントが無事だったら行く予定だった競馬場ですから、一度行ってみたいですね。
あとは、ホクトベガの最後のレース地、ドバイへも・・・
夢は広がります。
by: Jacaranda | 2005/06/30 02:05 | URL [編集] | page top↑
#
ロンシャンは外からだけですけどね、でも来年マジで行ってみるかと思っています、そうディープの海外遠征です、エルコンみたいに早々と海外に渡り、3戦目が凱旋門賞ならチャンスあり...ト、でもまぁ世界一のスタンドは東京競馬場に止めを刺すんじゃないですか、新スタンドの唯一の弱点は馬主席から馬場が遠いということだけです、ああとは3階席に馬券売り場がないやw
by: マルセル | 2005/06/30 14:23 | URL [編集] | page top↑
#来年の楽しみ
マルセルさん、こんばんは。
そうですね。来年、ディープインパクトがロンシャンに挑戦したらいいですね。
フランス、いい時期に旅するのもいいチャンスです。
それにしても、マルセルさんは、新しい東京競馬場お気に入りなんですね。。。
by: Jacaranda | 2005/07/01 01:31 | URL [編集] | page top↑
#他の競馬場は一般ファン無視
ま、他の競馬場はどこも総ガラス張りで一般ファン無視といえます、ライブで競馬を楽しむ人が減れば、当然売上も下がるでしょう、重賞のある日曜日はともかく、土曜日はゆったりビールでも飲みながら馬券を楽しみたいものです、府中ならそれが出来そうだなと
by: マルセル | 2005/07/01 13:00 | URL [編集] | page top↑
#
マルセルさん、確かにリニューアルした東京競馬場は、G1レースのない日は、ノンビリ過ごせそうでした。
秋競馬楽しみにしていましょう。
by: Jacaranda | 2005/07/02 01:22 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/39-e2bcb117
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。