jpg NEO Sense of Horse Life お帰りなさい! ボーンキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

お帰りなさい! ボーンキング

epsomC2005-350.gif
エプソムC 2005
写真提供:Sponichi Annex.com


春の東京開催最終日のメインレースは、エプソムC(G3)。

日曜は、別の予定で外出していたので、ビデオで、レース観戦しました。
ほとんど、予備知識を入れないで各馬を見ていたので、パドックの様子で、
「 この馬は走りそうだ・・・」といういつものようなカンが働かない・・・
ので、ノンビリ観戦。
やはり吉田均さんの一押し馬のなかに、
勝ったスズノマーチと2着馬グランリーオ、しっかり入ってました。
スズノマーチのパドックの様子、後肢が、とても長くて軽やかな感じで歩いていました。 
タテガミも、カットナシの長いままで、リラックスしたムード。

そんな中、なんと3年1ヵ月の長い休養明けで参戦してきた
7歳のボーンキングの姿が、感慨深かったですね。

故障で程なく引退し、短い競争生活を終える馬達の多い中、
そんな長い間、一生懸命復帰に向けて陣営が忍耐強く調整してきたことに、
ある種の感動を覚えました。
彼の同期は、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、クロフネ・・・と、
既に引退をしているライバル達と一線を引いて、彼はなお現役続行。

それも、クロフネ、キングカメハメハなどの能力馬の短命等で、
何かと取り出される松田国英厩舎所属馬だというのも、
興味深いことでした。

そのボーンキング、鞍上に福永騎手を擁し、レース運びは後方待機の位置取りで、
直線で追い込んで、メンバー中2番目の上がり3ハロンタイム34.6をマーク!
5着の入線という好結果。

ある意味、タップダンスシチーと似ている気がします。
そのタップと、2週間後の宝塚記念で一戦を交えるようですね。
ちょっと強行軍ですが、
晴れあるG1レースに出走するという前向きな姿勢がプラスになっていければいいですね。

故障前は、結構期待されていた良血馬。
その名も、” 生まれながらの王 ”、ボーンキング。
無事是名馬で、頑張って欲しいです。

それにしても・・・
ディープインパクトの全兄のブラックタイドも、そんなふうに復活してくれるといいなあ・・・



ボーンキング
父馬 サンデーサイレンス 母馬 バレークイーン 母父馬 Sadler’s Wells
生年月日 1998年5月13日 性別 牡 毛色 鹿毛
馬主 金子 真人 生産者 ノーザンファーム
戦績 12戦2勝 2着1回
所属 松田国英

[主な戦績] 
05/06/12 東京 11R 芝1800 良 エプソムC(G3) 5 福永祐
02/04/28 京都 11R 芝3200 良 天皇賞(春)(G1) 4 デムーロ
02/03/17 阪神 11R 芝3000 良 阪神大賞典(G2) 5 安藤勝
02/02/16 京都 11R 芝2200 良 京都記念(G2) 7 武豊
02/01/20 東京 11R 芝2200 良 アメリカJCC(G2) 3 蛯名正
01/05/27 東京 9R 芝2400 重 東京優駿(G1) 4 デザーモ
01/05/04 京都 11R 芝2000 良 京都新聞杯(G2) 5 柴田善
01/04/15 中山 11R 芝2000 良 皐月賞(G1) 16 柴田善
01/03/04 中山 11R 芝2000 不良 弥生賞(G2) 2 武豊
01/01/14 中山 11R 芝2000 良 京成杯(G3) 1 ハリソン
全着順
2005/6/12 3回 東京 8日目
11R エプソムC(G3)
サラ系3歳以上 ○国際□指(別定) 芝1800
天候: 晴
馬場: 良

着順 馬番 馬名 騎手 TIME
1 1 スズノマーチ 北村宏司 1:46.6
2 2 グランリーオ 松岡正海 クビ
3 11 ダイワレイダース 石崎隆之 クビ
4 13 サイレントディール 武豊 2.1/2
5 16 ボーンキング 福永祐一 クビ
6 12 シャイニンルビー デザーモ ハナ
7 6 トーセンダンディ 江田照男 1/2
8 14 ウインクリューガー 内田博幸 クビ
9 5 マッキーマックス 後藤浩輝 クビ
9 10 タカラシャーディー 木幡初広 同着
11 4 エリモマキシム 大西直宏 1/2
12 3 マチカネメニモミヨ 四位洋文 クビ
13 7 ロードフラッグ 田中勝春 1.3/4
14 15 カンファーベスト 柴山雄一 3/4
15 9 アラタマインディ 村田一誠 大差
16 17 ブラックカフェ 小島太一 5
17 8 ウインジェネラーレ 蛯名正義 大差


スポンサーサイト
20:29 | レース回顧 | comments (2) | trackbacks (2) | page top↑
イナリワンの種牡馬引退 | top | 安田記念回顧 vol.2 ~ パドック写真 ~

コメント

#
正直無事ゴールしてくれればと思っていただけに5着は素晴らしいですね。
メンバーは手薄とは言え3年ぶりですからね。
関係者の努力でしょう。
ジャングルポケットやタキオン、そして先日地方も引退したダンツフレームの同期ですから頑張ってほしいですね。
by: ぜあみ | 2005/06/14 20:40 | URL [編集] | page top↑
#
ぜあみさん、おはようございます。
ボーンキング、いいレースを見せてくれましたね。
3歳時は、期待の星の一頭だった彼の復活を祝福したいです。
宝塚記念、出走するのかな・・・
中一週の連闘になりますけれどね。

>先日地方も引退したダンツフレームの同期ですから
そうでしたね・・・
ボーンキングの同期は、層が厚かったんですね・・・
ダンツフレームの分も頑張って欲しいですね。
ボーンキング、これからも応援していきましょう。
by: Jacaranda | 2005/06/15 08:52 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/31-a5f3e495
さてさて、ラインクラフトの変則二冠、シーザリオの樫の戴冠、ディープインパクトの無
2005/06/14 (Tue) 22:10 | いちご一恵の勝ち馬日和
岡田さんが「バルク、行かせてもいい」と発言したようです、今回の宝塚記念はスローに
2005/06/15 (Wed) 10:50 | 失われた時を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。