jpg NEO Sense of Horse Life ライスシャワーの命日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ライスシャワーの命日

cr92kiku1-350.gif
菊花賞 1995
写真提供:RACINGFIELDS.com



1995年6月4日
京都競馬場
第36回宝塚記念

疾走の馬 青嶺の魂となり

この写真を見ていると、つくづくミホノブルボンの頭の高い走法と、
ライスシャワーの低く沈み込んだフォームとが対照的だなぁと
改めて気づく。


ライスシャワーには、青が似合う。
今日は、お前のために、青い花を買ってきたよ。
早いものだね、あの日から10年の歳月が流れたんだね。
でも、やっぱりあの日のお前のことを思うと、涙が出てきてしまうね。
この気持ちは、ずっと変わらない・・・

riceshower.jpg



スポンサーサイト
23:21 | 思い出の馬 | comments (10) | trackbacks (3) | page top↑
安田記念回顧 vol.1 ~ ダンスインザムードどうしちゃったの? | top | 二冠馬ディープインパクトに対する評価

コメント

#
初めまして。
ライスが淀で散ってから10年ですか。
ついこの間のような気もしたりしますが。
ブルボンの奥にタンホイザくんがいますね。
自分、ブルボン-タンホイザ馬券もってました。
今日の安田記念も2-3着馬券を買いそうで
ちょっとブルーです(笑)
そうか、菊のライスは8番だったんですね、
ゼッケン。ふむ。
バランスオブゲームから買います(←単純)
ではでは。
by: ライラック | 2005/06/05 11:15 | URL [編集] | page top↑
#
ライラックさん、おはようございます。
速いですよね、時の流れは・・・
今でも、宝塚記念のあのレースは、考えただけでもドキドキして、落ち着きません。
先週見たディープインパクトとちょっと似ている風で、ライスのこと思い出していますけれどね。 なんか、小さくっても凄い根性あったし、綺麗な馬でした。

>ブルボンの奥にタンホイザくんがいますね。
おお! そうです、そうです。マチカネタンホイザ、結構(旧)3歳時は、注目されてましたものね。

>バランスオブゲームから買います(←単純)
いや~、残念でした。でもパドックでは、いい気配でしたよ。
さて、馬券結果どうでしたか?
by: Jacaranda | 2005/06/06 04:10 | URL [編集] | page top↑
#
週末はバタバタとして、やっと落ち着きました。
早いなぁ~10年か。
宝塚記念の時期がずれてついつい忘れてしまうこの頃、駄目ですね。
あの年春天で復活、ファンに応えようと、そしてG1 3勝を飾った京都だったから出走したのでしょう。
その京都での戦死、彼にとっては幸だったのではないでしょうか。
by: ぜあみ | 2005/06/06 19:41 | URL [編集] | page top↑
#
ぜあみさん、こんばんは。

>あの年春天で復活、ファンに応えようと、そしてG1 3勝を飾った京都だったから出走したのでしょう。
そうなんですけれどね・・・
なんか、運命だったのでしょうかね。

>その京都での戦死、彼にとっては幸だったのではないでしょうか。
そうかもしれませんね・・・
彼のようなステイヤータイプの馬が少なくなってきている昨今、種牡馬になって、成功していたかどうかは難しかったかもしれないですね。それにしても、ああいった最期って、もしかするとライスらしいかもしれませんね。
そう思いましょう。
それでも、いつまでも元気でいて欲しかったなあって思う気持ちも消せませんけれどね・・・
切ないですね。
by: Jacaranda | 2005/06/06 21:01 | URL [編集] | page top↑
#何度思いだしても
何度思い出してみても、涙が止まらなくなります。 小さな馬体を懸命に走らせるその姿は競走馬という概念を飛び越え、芸術品のような気がしてなりません。 数々の強敵を打ち破り、人々の記憶に残るレースをしたライスシャワー あなた以上の競走馬に出会えることはもう無いと思います。 あなたに出会えたこと、あなたが現役のときに競馬ファンであれたことに感謝しています。 あなたは今もこれからも自分の心の中で走り続け、励ましてくれている。 そう信じています。 天国のターフで楽しい引退生活を送って下さい。 
ライスシャワーよ永遠に・・・
by: pamtan | 2005/08/04 13:14 | URL [編集] | page top↑
#
pamtanさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。
pamtanさんも、ライスシャワーのことが好きなんですね。
彼が亡くなった宝塚記念のレースは、衝撃でした。的場騎手の落胆振りを聞くに付け、ライスシャワーは、本当に愛されていたんだなあと知りました。
彼は、既にこの世にいませんが、ずっとファンの胸の中でいき続けていると思いますね。
首を低く下げて走るフォームが綺麗な馬でしたね。
by: Jacaranda | 2005/08/06 11:21 | URL [編集] | page top↑
#

どうも、ご無沙汰しております。

ゴールデンウィークに急遽連休が取れたので思い切って北海道までライスのお墓参りに行ってきました。 小高い丘の上にあるお墓に向かう階段を登るときはそれこそライスの出るレース前のような緊張感がありました。 ライスのお墓には既にお花が供えてありました。 ワシも近所で買った花束とにんじんをお供えしてきました。 ライスの命日には一ヶ月ほど早かったですがやっと念願のお墓参りができ感動でした。 


とってもあっとほ~むな牧場でした。 次の日に行ったノーザンファームとは全くの別物といった感じでした。


誰かにライスのお墓参りをしたのを言いたくて・・・ 書いてしまいました・・・。

by: ぱむ | 2006/05/15 18:12 | URL [編集] | page top↑
#
ぱむさん、レス遅くなってしまってごめんなさいね。
約一ヶ月ほど我が家のインターネットが、プロバイダーの変更で不通になっていましたので・・・、やっと復帰しました。
ライスシャワーのお墓参りに行かれたんですね。 先にそちらのブログにコメント残させていただきました。
>小高い丘の上にあるお墓に向かう階段を登るときはそれこそライスの出るレース前のような緊張感がありました。
なんだか、とてもよく判る気がします。 私もきっと同じような気持ちになると思いますから・・・
ユートピア牧場のその丘の上に、ライスに逢いに、青い花を持って出かけて行きたいです。 いつか必ず。
きっと絶対私も独りで行ったら、その場で号泣すると思います。
今でも、あの宝塚記念のレースは、思い出すたび胸が締め付けられます。 賢く美しい黒鹿毛の短く燃え尽きた一生だったと思います。 
もうすぐ、ライスの命日ですね。 
こうしてライスのことお話できて嬉しいです。 またどうぞいらしてくださいネ。
by: Jacaranda | 2006/05/23 01:49 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして。
先日はTBありがとうございました。

今年の宝塚記念は“あの日”以来の京都開催ですよね。
全馬が無事にゴールしてくれることを願うばかりです。
by: すだち | 2006/05/26 23:07 | URL [編集] | page top↑
#
すだちさん、こちらこそおいでいただきありがとうございます。
ライスシャワーの「安楽死」については、どの馬もそうですが、
500Kg 近い体重をあの細い4本の脚で支えているんですから、その一本が故障してしまうと、体重を支えるバランスを崩してしまい、それによる様々な合併症を発症してしまい、結局は馬を苦しめて死なせてしまうんですよ。 骨折による激痛と祖後に続く長い辛い闘病生活を避けるため、馬に対する最善の処置は、やはり”そうする”よりなかったのではないかと言うことではなかったかと思います。 そういうための安楽死処置だったわけです。 
故障の程度では、治療を施すこともありますし、 治療法が10年前のライスの時より数段に進歩し、今年のアメリカのバルバロの例もある通り、懸命な治療手術を施すこともできるようになりました。 しかし、完璧に4本足で歩けるようになるかどうかは、まだまだ予断を許さない状況で、本当に難しいところなんですよ。
なので、マスコミ報道については、ファンは冷静に受け止める必要がありますよね。
・・・・と、つい語ってしまいました。(汗汗)

>今年の宝塚記念は”あの日”以来の京都開催ですよね。
そうでしたか・・・
何事も無く、無事レースを終えて欲しいです。
コスモバルクの検疫騒動もあったり、ディープインパクトといい、まさかの次走が、”宝塚”であるわけで、一層気になりますね。。。
我が家のライスのぬいぐるみと天国のライスに無事をお願いしておきます。
by: Jacaranda | 2006/05/27 13:31 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/28-06418e3a
万哲 レコード続出の芝はもうたくさんとのこと、この中に福永騎手が「香港の芝は素晴
2005/06/08 (Wed) 13:13 | 失われた時を求めて
今年でちょうど10年―。命日の6月4日は過ぎてしまったが、今週末の日曜日は京都競馬場にいるライスシャワーのとこへ行ってきます!新幹線で。(←中学校の修学旅行以来)のぞみで。(←もちろん初めて)日帰りで。(T▽T)■ライスシャ&#12527
2005/06/12 (Sun) 04:13 | soliloquy
先週の日曜のことである。 特に競馬好きでもない人たちとの会話。 たまたま競馬の話で盛り上がったときに 一人が言った。 「ライスシャワーって人間に殺された馬だよな」 すだちはすかさず 「・・・違う。レース中の事故で・・・」 と言いかけて言葉を失った。 安楽死
2006/05/26 (Fri) 22:54 | 馬語録BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。