jpg NEO Sense of Horse Life イブキマイカグラ 逝く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

イブキマイカグラ 逝く

IbukiMykagura-名馬.jp
イブキマイカグラ  2009年6月近景
写真提供 : 名馬.jp




ここのところ、名馬の訃報が続いていて落ち込む。

イブキマイカグラが死亡。
2009年6月24日
急性心不全のため。

トウカイテイオーの同期だったイブキマイカグラ。
リアルシャダイを父に持つ、栗毛にY字の白い大きな流星が綺麗な馬だった。

先日、大学院の恩師の物故を知った矢先で
イブキマイカグラの祖父であるリアルシャダイの父、
大種牡馬ロベルトの名を語ってくれていた恩師であった。
なにかそのリアルシャダイ、ロベルトという懐かしい血統もそうだし
イブキマイカグラの現役時代あたりから競走馬に深くかかわってきた私にとって
恩師の姿とあの20世紀を駆け抜けていった競走馬たちの姿が重なって
思い出されていく。

ダービー馬トウカイテイオー、菊花賞馬レオダーバン、
ブロンズコレクター ナイスネイチャ、フジヤマケンザンたち同期。。。
そして、92年春の天皇賞のメジロマックイーン。。。

イブキマイカグラと一緒に走った馬たちは、
私にとって、一つの大きなエポック時代を象徴している。
人生の目標に向かって、精一杯に駆けていた私の若き日の姿を
大きな胸の傷とともに思い出すことの哀しさよ。


10年間の種牡馬生活を、2003年に引退して余生を送っていた。

21歳。

イブキマイカグラとクラシックを共に闘っていた同期のトウカイテイオーも
そんな年齢になっていたのかと
改めて、過ぎ行く時の流れの速さを感じて寂しくなる。
生き歳生きるものは、いつかは土に還る。
そんな、無常を思う。


イブキマイカグラよ

長い間ご苦労様でした。
安らかに・・・・・




イブキマイカグラ

1988年2月24日生
栗毛 牡
父:リアルシャダイ(Roberto) 母:ダイナクラシック(ノーザンテースト)
千歳 社台ファーム 生産

主な戦跡 :   阪神3歳ステークス GⅠ 1990
          弥生賞 GⅡ 1991
          NHK杯 GⅡ 1991
          皐月賞(GI) 4着 1991
京都新聞杯(GII) 2着 1991
          菊花賞(GI) 2着 1991
          天皇賞・春  3着 1992

14戦5勝

1993年 競走馬 引退  種牡馬に
2003年 種牡馬 引退

繋養場所 : (財)軽種馬育成調教センター 北陽ファーム
         功労馬として余生を過ごしていた






スポンサーサイト
19:29 | 思い出の馬 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
毎日王冠と京都大賞典 | top | 悲報  アグネスタキオン急逝

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/266-349b5e27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。