jpg NEO Sense of Horse Life デルタブルースが引退

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

デルタブルースが引退

DeltaBlues2006.jpg
メルボルンカップ 2006
photo by smh.com.au



2004年の菊花賞、そして2006年のメルボルンカップを制したデルタブルースが
6月11日付けでとうとう引退。

8歳。
この間の安田記念で善戦したカンパニーやコスモバルクらと同期だ。
父、ダンスインザダークの血を引いたステイヤーの彼。

情報が少し混乱して、当初種牡馬になるという記事が出ていたが
結局は、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて乗馬となる予定とのこと。

う~~ん・・・・・
複雑だなあ。。。
種牡馬にはなれないのか・・・・・・


菊花賞では、当時まだ地方所属だった岩田騎手が騎乗してのみごとな勝利だった。
しかし、なんといってもメルボルンカップでのデルタブルース、ポップロックという
日本馬のワンツー・フィニッシュのレースの時のデルタが1番輝いていた。


デルタブルース!

長い間、お疲れ様でした。



スポンサーサイト
06:47 | 現役牡馬 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
安田記念の写真をアップしました | top | 狂気の末脚で圧勝! - 安田記念回顧 -

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/263-dedc5dde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。