jpg NEO Sense of Horse Life 3歳牡馬の頂点に立ったのはロジユニヴァース -日本タービー-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

3歳牡馬の頂点に立ったのはロジユニヴァース -日本タービー-

Derby20090531-spnavi.jpg
ロジユニヴァースと横山典弘騎手 東京優駿 2009
写真提供:sportnavi.com



週後半から雨が降り続いていた。
それでも、ダービー当日の朝は、少し天候は回復してきて、馬場のコンディションも
かろうじて戻ってきていた。
それが、どうだろう、午後を回るころから先週のオークスとはまるで、真反対に
天がいたずらしたように、大雨が降り出してしまった。

馬場はもう泥んこ状態。

風邪気味で体調が優れず、現地観戦に出かける気合がつかず
ぐずぐずしているうちに、この雨ですっかり怖気ずき、
「今日は、TV観戦。」と決め込んで、ゆっくりTVに映し出されるダービーを見ることになった。

それでも、やはりダービーは特別の雰囲気があるものだ。

勝ったのはロジユニヴァース。
一番人気で14着に敗れ去った皐月賞の時の
陣営の落胆と鞍上の横山騎手までもが戦前から自信のなさを露呈していた。

しかし、雨のパドックに現れたロジユニヴァースには、不思議な落ち着きがあった。
馬体重も+16kgと体調も復活してきている。

今日は、何かやってくれそうな・・・・・そんな好気配が画面を通しても伝わってくる。
馬場は、もうダービー史上でも見たことがないくらいの40年ぶりという不良馬場。

スタートしてハナを切ったのは、NHKマイルC覇者のジョーカプチーノ。
その後ろをリーチザクラウンと内ラチをぴったりとロジユニヴァースが続く。
後方で追走している一番人気のアンライバルドは、ちょっとかかっている。

直線を向いて、すでにジョーカプチーノが失速。
それを二番手で追っていたリーチザクラウンが先頭を伺うが、
それと一緒に上がってきていたロジユニヴァーズが内をついて抜けてきた!
必死に鞭を奮う鞍上の横山騎手の姿に答えるようにロジユニヴァースが
一完歩、二完歩と差を広げる。

ゴールは、2着のリーチザクラウンと4馬身差だった。

いや~~、感動した。
やっぱり凄い馬だ。

それにしても、ウイニングランをして、右手を高々と上げて帰ってくる横山騎手が、
立ち止まって白のヘルメットを取って、観客席に向かって深々と一礼した。
頭を上げた時、一瞬、眼に涙があったような気がした。
こんな顔をしてレースを終えて帰る横山騎手を、初めて見た。

この横山騎手の勝利ジョッキーインタヴューがまたよかった。

「 状態が戻っていないと思っていたので、
  まさかここで勝てるとはホントに思ってもいなかった。
  馬を信じてやれなかった自分がちょっと情けない。馬に失礼なことをした。 
  本当に今日は、馬の底力に助けられた感じです。
   長い直線、本当に馬が辛抱してくれた。 馬に感謝している。 嬉しいです。
   皐月賞終わったあと、先生も厩舎サイドも本当に建て直しに頑張ってくれました。」

「馬とスタッフ、すべての人に感謝したい」と言う彼の
本当に、言葉の重みを感じるインタビューだった。

横山典弘騎手、
騎手になって24年目、ダービー挑戦15回目にしての初タイトル。
いつもは少しアイロニックな口調の横山騎手だが、
今日は本当に謙虚にその喜びを噛み締めていたインタヴューの様子だった。

今年のダービーは、ことさら感動が深いレースになった。
ロジユニヴァースの復活した姿。
ドロドロの府中の直線を懸命に頑張った人馬の姿は、
さわやかな雲の切れ間の明るさを象徴しているようだった。



Derby2009-sanspo02.jpg
ウイニングラン   日本ダービー 2009
写真提供:sanspo.com



皐月賞で苦い思いをしたロジユニヴァースと、
そして、
横山典弘騎手、念願のダービージョッキーになりましたね。
メジロライアンもゼンノロブロイもそしてハーツクライもきっと喜んでますよ!
本当におめでとうございます。
いいレースでした。 



第76回 東京優駿(日本ダービー)(JpnI)


サラ系3歳 2400m 芝・左
牡・牝(指定) オープン 定量
本賞金: 15000、 6000、 3800、 2300、 1500万円 発走 15:40
天候:曇   芝:不良


1 1 ロジユニヴァース 牡3 57.0 横山典弘 2:33.7   39.2 506 +16 萩原清 2
2 12 リーチザクラウン 牡3 57.0 武豊 2:34.4 4 40.2 516 +10 橋口弘次郎 5
3 10 アントニオバローズ 牡3 57.0 角田晃一 2:34.4 アタマ 39.8 512 +2 武田博 8
4 7 ナカヤマフェスタ 牡3 57.0 蛯名正義 2:34.5 1/2 39.0 458 +8 二ノ宮敬宇 9
5 2 アプレザンレーヴ 牡3 57.0 内田博幸 2:34.7 3/4 39.6 530 +4 池江泰郎 4
6 13 シェーンヴァルト 牡3 57.0 北村友一 2:34.8 1/2 39.0 474 +4 岡田稲男 13
7 14 ゴールデンチケット 牡3 57.0 川田将雅 2:35.0 1 1/2 40.5 480 +1 森秀行 12
8 5 マッハヴェロシティ 牡3 57.0 柴田善臣 2:35.1 クビ 40.2 510 +2 武藤善則 16
9 4 トップカミング 牡3 57.0 幸英明 2:35.2 1/2 39.9 452 +8 境直行 17
10 6 ケイアイライジン 牡3 57.0 松岡正海 2:35.7 3 40.7 490 -4 尾形充弘 15
11 3 フィフスペトル 牡3 57.0 安藤勝己 2:35.9 1 1/2 40.5 450 -2 加藤征弘 14
12 18 アンライバルド 牡3 57.0 岩田康誠 2:36.0 3/4 40.4 472 -6 友道康夫 1
13 11 セイウンワンダー 牡3 57.0 福永祐一 2:36.3 1 3/4 40.6 514 -2 領家政蔵 3
14 16 トライアンフマーチ 牡3 57.0 武幸四郎 2:37.5 7 42.6 482 +8 角居勝彦 6
15 8 ブレイクランアウト 牡3 57.0 藤田伸二 2:37.8 1 3/4 42.0 448 +6 戸田博文 11
16 15 アーリーロブスト 牡3 57.0 三浦皇成 2:39.5 大差 44.1 484 +2 本田優 18
17 17 アイアンルック 牡3 57.0 小牧太 2:39.6 3/4 44.3 536 +2 橋口弘次郎 10
18 9 ジョーカプチーノ 牡3 57.0 藤岡康太 2:43.0 大差 49.0 488 -2 中竹和也 7


タイム
ハロンタイム 12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 13.2 - 13.8 - 14.7 - 13.2 - 12.9 - 13.6
上り 4F 54.4 - 3F 39.7


スポンサーサイト
02:08 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (2) | page top↑
ライスシャワーの命日 | top | 夢はまだあきらめない - ディアジーナのオークス参戦記 -

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/259-f12fe861
今日の日本ダービー・東京優駿は、ロジユニヴァースが勝ち7768頭の頂点に立った。...
2009/06/03 (Wed) 06:01 | 気の向く馬馬
 まさか、こういう形で「指定席ってありがたいなぁ」と感じるとは思いもしませんでした。7R直前に降った豪雨の「被害」を受けなくて済ん...
2009/06/05 (Fri) 06:48 | Ali della liberta (in Stadio)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。