jpg NEO Sense of Horse Life キストゥヘヴン  -美しいお別れ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

キストゥヘヴン  -美しいお別れ-

20090315-sanspo-nakayamahinbaS.jpg
キストゥヘヴン 中山牝馬S 2009 
写真提供 : SanSpo.com



2006年の桜花賞馬 キストゥヘヴンが、鮮やかな差し切りでラストランを飾った。

日曜日の中山競馬場は、前日の嵐の余韻をターフに残した稍重 の芝コンディション。
このレースで、競争生活を終えて引退するキストゥヘヴンに
私は、やはり有終の美を飾って欲しいとひそかに願っていた。
きっと、中山に出向いていたら、単勝の応援馬券は買っていただろう、絶対に。

鞍上の横ノリさんなら、今年の彼ならやってくれるのではないか
と、なぜか確信のようなものを持って、見守っていたのだけれど、
やはり直線向いて、逃げ粘る同じG1馬のピンクカメオを追う姿に
思わず、TVに向かって声が出た。
必死に声援を送る。

直線インをついて抜け出した彼女の輝く鹿毛の馬体に
優しい春の陽射しが降り注いでいた。

デビュー当時から、好きだったアドマイヤベガの忘れ形見の彼女を
その小さな430Kg前後の体から繰り出す切れ味鋭い走りに魅了され
そして、トレードマークの白いシャドーロールと大きな流星が可憐さを引き立たせていて
緑のターフとのコントラストが美しくて、ずっと応援してきた。

そんな彼女も、とうとうターフを去る日が来た。

多くの桜花賞馬が、その後の走りの中でなかなか成績を残せないまま
静かに引退してしまう。
そういうなかで、
どれほどの馬が、自身の引退レースを、こんなふうに華やかに終えることが出来るだろうか

そう思ったら、キストゥヘヴンの余りにも美しい去りかたに
その競走馬としての、彼女の真の強さ、G1ウイナーとしての誇りを見るようで、
ここまでずっと好きであり続け、見守ってこれて心底よかったと思えた瞬間だった。

北海道に帰って、いい子を産んでください。
本当に、お疲れ様でした。








***********

キストゥヘヴンの思い出のパドック写真を載せておきます。

2006年9月17日 セントライト記念 G2(中山)のパドックで撮った彼女です。
秋のクラシックトライアルに、牡馬に混じってこのレースに出走してきたのも
ちょっと驚きでした。
懐かしいです。


kiss-to-heaven-SaintLight-2.gif
セントライト記念パドック 2006


Kiss-to-Heaven-saintLight-K.gif





Kiss-to-Heaven-SaintLight20.gif
さようなら  キストゥヘヴン



同期には、カワカミプリンセス、アドマイヤキッス、フサイチパンドラ、テイエムプリキュア、
アサヒライジングなどなど、
そうそうたるメンバーがいました。

アメリカにも挑戦したっけ・・・・
初年度のお相手は、ダイワスカーレットと同じチチカステナンゴとか。
将来楽しみです!



第27回 ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(GIII)

    2009年3月15日(日) 2回中山6日 11R

サラ系4歳以上 1800m 芝・右
(国際)牝[指定] オープン ハンデ
発走 15:45
天候:晴   芝:稍重

勝ち馬 キストゥヘヴン 牝6 

負担重量 56.5   騎手 横山典弘  調教師 戸田博文(美浦 )
タイム 1:49.1   推定上がり 35.7   着差 1馬身 
馬体重 434( -4 ) 人気 4


スポンサーサイト
01:14 | 現役牝馬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
ジョリーダンス -ラストダンスはあなたと- | top | 写真家 今井壽惠さんの訃報

コメント

#
桜花賞勝った時のTVアナウンサーのコメントがよかったですよね。
天国へ届けだったかな・・・天国の父アドマイヤベガ、吉田善或氏へだったかな・・・。
オーナーが吉田和子さんだからなんだろうけど。
最後のレース、4コーナー内ぴったりを廻って来たときに
鳥肌たちましたね。
坂あがってグイッって伸びた時は思わず手を叩いてましたわ。
自分も好きなお馬さんだったのでよかったです。
白老で会えるかな・・・。
by: バルくん | 2009/03/18 09:28 | URL [編集] | page top↑
#
バルくんさんへ

私もこの記事を書いた後、2006年4月の桜花賞をアップした記事を読み返してみました。

本当ですね。。。
実況、思い出してしまいました。
うれしかったですよね~~!

キストゥヘヴンの最後の直線
ピンクカメオをを差し切る
姿
綺麗でしたね~~~!
堂々たる引退の花道を飾りました。

管理された戸田調教師さんが、口取り写真撮影の際、
横ノリ騎手に深々と頭を下げながら握手していた姿
忘れられないですね。
彼女を3年間、見守ってきた管理スタッフさんたちの
感動を思うと、もらい泣きしてしまいますよ。


よしだみさんの 「ネットカフェ逍遥馬道」
は、キストゥヘヴンの可愛いウエディング姿ですよ。
→ http://sports.nifty.com/yoshidamiho/
「第241回(2009年3月17日)」を見てくださいネ!


どうぞ、彼女の白老での繁殖生活を
ぜひ、レポートしてくださいね。
可憐なお馬さんでした。
by: Jacaranda | 2009/03/20 15:15 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/252-90b93834
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。