jpg NEO Sense of Horse Life メイショウサムソンの引退式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

メイショウサムソンの引退式

20090104-samson-netkeiba.jpg
引退式でターフを駆け抜けるメイショウサムソン
写真提供: netkeiba.com





皆様、明けましておめでとうございます。
今年も、また数々の競走馬たちが走るドラマに感動をもらって
それを、ここに記録していきたいと思います。
よろしく、お付き合いくださいませ。




昨日、1月4日は、2009年中央競馬の始動の日でした。

その京都競馬場で、とうとうメイショウサムソンの引退式が行われました。
ずっと応援してきたサムソンでしたが、
正直、去年のジャパンC、そしてラストラン有馬記念レースを生で見ても
どこか不消化の気持ちのままで、心底サムソンの走りに感情移入できませんでした。

本当に彼を応援してきていたのか。。。
と、自分のテンションの低さに戸惑っていました。



20080104-samson-sanspo.jpg
石橋守騎手を背に
写真提供 : Sanspo.com




でも、
TVで、サムソンが石橋守騎手を背に、パドックに現れ、その後
武豊騎手の手綱で、最後の走る「横綱メイショウサムソン」の雄姿を観て
そして、
管理されてこられた瀬戸口元調教師、高橋現調教師、中田征男厩務員さんなど
関係者たちのコメントを読んで、やっとサムソンがターフから去るのだと言うことを実感しました。
寂しい気持ちがじわじわと湧いてきます。
サムソンがどんなに素晴らしい馬だったかと言うこと、
この三年半の競走馬生活を閉じる彼に、心からお疲れさまの言葉を送ります。

思えば、石橋騎手とのコンビで皐月賞を勝ってから、ダービーを迎えるまでの
あの春の爽やかなわくわくする様な高揚感とそして
見事ダービーを制した、あの東京競馬場の幸福感は忘れられません。


20080104-samson-snspo-03.jpg
[6]番は、あの天皇賞・春のときのゼッケン! 石橋騎手との思い出!
写真提供: Sanspo.com




メイショウサムソンよ、
今まで感動をありがとう。
これから始まる種牡馬生活にも成功を願って。

さらば、小倉デビューの、ど根性侍メイショウサムソン!




20080104-samson-sanspo-02.jpg
写真提供 : Sanspo





2006-0416-satsukisho.jpg
皐月賞2006 鞍上 石橋守騎手




スポンサーサイト
06:33 | 現役牡馬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
日本ダービー(2008)の写真をアップしました | top | ダイワスカーレットの強さ -- 有馬記念回顧 --

コメント

#
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

とうとう終えましたね。
雑草にはやはり石橋Jが似合いました。
感慨深かったのは、彼と瀬戸口元師だったでのはないでしょうか。
by: ぜあみ | 2009/01/06 21:07 | URL [編集] | page top↑
#
ぜあみさんへ

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

サムソン、無事北海道社台SSに到着したようですね。

>感慨深かったのは、彼と瀬戸口元師だったでのはないでしょうか。

今週になって、武騎手の骨折後遺症による再休養と言うニュースが流れてきて、
正直、憮然としています。

やはり、有馬のラストランは、石橋さんで有終の美のドラマがあったと思いますよね。
暮れの中山は、
とても暖かい幕切れのシーンがあったと思います。
絶対にファンの間では、熱望していたと思いますもん。

昨年一年は、ずっと武騎手には不調和音が流れ続けていたように感じられました。

サムソンには、石橋さんが一番似合ってましたよ。
by: Jacaranda | 2009/01/12 07:19 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/245-2d29da5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。