jpg NEO Sense of Horse Life お久しぶりです -Japan Cup 観戦記録 - No.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

お久しぶりです -Japan Cup 観戦記録 - No.1

JC2008-ScreenHero01.jpg
JC 2008 スクリーンヒーロー


ブログの更新も本当に久しぶりです

7月下旬に、PCのハードディスクの故障でしばらくインターネットから遠ざかるを得ない状態で
ちょうど、仕事のほうもハードな毎日で、PCとはまったく無縁の生活を送っていました

その間の競馬情報は、かろうじて携帯から閲覧できる競馬ニュースと
時折観ていたTV中継からというありさま・・・


BBSのほうでは、少しばかり携帯から記事更新をしていたんですが・・・・・
でも、やはり携帯からの入力作業は、億劫で、文章推敲も不便でした




そんなこんなで、やっと このジャパンカップ 2008で復活!


本当に久しぶりに、春のダービー観戦以来の競馬場です

もう何年も離れてしまった世界に舞い戻ってきた浦島太郎のような
自分でもよくわからない戸惑いと
馬たちを観る感覚がどことなく錆びついてしまったような。。。
不慣れな場所に一人放り込まれたような おかしな感じでした

もっと早くに競馬場について、G1レース前に少し、雰囲気に慣らしておけばよかったのかもしれない
などと、
2時過ぎに到着し、そのまままっすぐパドックへ
9Rのパドックから大勢の人が溢れている

( うわっ! さすがにG1デーだ! めちゃくちゃ人が多い!!)

久々に持ってきたカメラのベスト撮影ポイントなどを探す余裕もなく
とにかく、何とか確保した場所で待機
その場所を離れて、10RのJCの馬券を購入する勇気もなく、ただただじっと動かず 
JC出走馬たちのパドック周回を待っていた

落ち着かない、ドキドキ
なぜだ、なぜだ?

お目当ての馬たちの颯爽たる姿に圧倒されつつ
カメラの望遠機能と連写機能に頼って、やみくもにシャッターを切っていた始末・・・

競馬観戦も撮影も本当に感覚が鈍ってしまっているということに気づかされて
焦ってしまった
自信がない幕開け


( なんだか、今日はいい写真がとれそうにないなぁ・・・・)






レース結果は、まさかの大金星
9番人気の4歳馬 スクリーンヒーローが制しました

私は
前走 アルゼンチン共和国杯での勝ちっぷりで相当の評価を得ていた上昇馬とは
ついぞ知らず、パドックでもまったくの無印

コスモバルクを撮るつもりでシャッターを切った中に
偶然にも、デムーロ騎手騎乗のスクリーンヒーローの姿が写っていました


JC2008-01.jpg
   コスモバルク(松岡正海J)         アドマイヤモナーク (安藤勝己J)  
                   スクリーンヒーロー(デムーロJ)  アサクサキングス(ルメールJ)     







JC2008-02.jpg
オウケンブルースリ(1番 5着)  メイショウサムソン(2番 6着)



オウケンブルースリ 
2001JC勝ち馬の父 ジャングルポケットの仔 遅れてきた菊花賞馬 真っ白な大流星が特徴
さすがの大健闘で5着の掲示板は立派


メイショウサムソン
おそろいのピンクとブルーのメンコとネクタイが鮮やかに映えていました
パドックでは、本当に悠然と歩いていたんですが。。。
石橋騎手が騎乗したとたん、ちょっとかかり気味になっていたのが気になって。。。
結果は・・・・
サムソン&石橋守騎手については改めて回顧します


JC2008-DeepSky01.jpg
惜しい2着 今年のダービー馬 ディープスカイ

ディープスカイ
二人のスタッフさんの笑顔が印象的なショット
明るい栗毛にくっきりとした流星が綺麗な馬です





JC2008-MatsuridaGogh01.jpg
マツリダゴッホ さすがの4着!

マツリダゴッホ
2006年 3歳時のセントライト記念での落馬シーンを観てからのファン
このJCでのスクリーンヒーローの姿は、
ゴッホの昨年の有馬記念の鮮やかな勝利の姿とダブります
素顔は、綺麗な瞳を持つハンサムボーイ
白いシャドロールがとてもかわいい!





今年限りで引退するメイショウサムソンと石橋守騎手とのコンビ復活
すでに7歳になったコスモバルクの五年連続出走という
2008年 ジャパンカップ

それらもろもろの思いが詰まった一日になりました



では
久しぶりに観戦記をまとめてみます



スポンサーサイト
05:48 | レース回顧 | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑
メイショウサムソン、ラストランヘ -- JC観戦記に替えて -- | top | 天皇賞・春を観に府中へ

コメント

#
巷ではやれタイムがどうの、やれレベルがどうのと言われてますが・・・スクリーンヒーローの叔母ちゃんは私が愛してやまなかったプライムステージです!。
いやあ、月日の流れを感じます。

馬券ですか?
買ってません(笑)。
by: バルくん | 2008/12/02 14:52 | URL [編集] | page top↑
#復活おめでとうございます
無事にPCの復旧が済んでよかったですね!
更新を楽しみにしております(^_^)
by: DD | 2008/12/02 22:52 | URL [編集] | page top↑
#管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/12/03 23:27 | URL [編集] | page top↑
#コメントを頂いた皆様へ
書き込み下さいまして本当に有り難うございます。

お返事差し上げようとしましたら、
急にモデムに不具合が出たらしくLANケーブルが反応しなくなり、インターネットに繋がらなくなりました。

明日、修理に来てもらいます。

正常作動できるまで返信はしばらくお待ちください。

PC本体の不具合でないことを祈ってます。

やっと再開できたというのに。。。
一難去ってまた一難です。(涙)
by: Jacaranda | 2008/12/04 02:14 | URL [編集] | page top↑
#
jacarandaさん、NHKのプロフェッショナル見ました?
武兄の特集なんですがフランスにいたときのサムソンに目がいってしまいました。
な~んか異国の地で健気だなあって。いい目をしてるんですわこれが。
最終の有馬、なにより無事で帰ってきておくれ。
by: バルくん | 2008/12/05 09:01 | URL [編集] | page top↑
#バルくんさんへ
バルくんさん
こんばんは。

JC観戦、今度こそ有言実行できました。
やっぱり、生観戦は、素晴らしいです。

スクリーンヒーロー、
巷では、グラスワンダー産駒の孝行息子、お父ちゃんの取れなかったアルゼンチン共和国杯を制したと思ったら、なんとなんと! いきなりG1のJCの覇者ですから、もう後継種牡馬筆頭じゃないかと、グラスワンダーファンの間では、歓喜乱舞の様子が伝わってきています。
>スクリーンヒーローの叔母ちゃんは私が愛してやまなかったプライムステージです!。
プライムステージ!
懐かしいですね! ダイナアクトレスとサンデーの子ですもんね。

馬券、私も応援馬券でも買えばよかったのですが、当てようなんて思って欲張って買わなくてよかったです。 まあ、買っても当たらなかった。
当日は、馬券買おうと場所を離れると、写真撮れなくなりそうだったので、動けなかったのです。

>NHKの「プロフェッショナル」ですよね。
観ましたよ。

ほんとに、サムソン、昔のずんぐりむっくり”野武士のサムソン”じゃなく、スマートな気品に満ちたサラブレッドになってました。
馬房から顔を出している眼、キレイでしたね。
凱旋門のレースに向かうときの顔も。。。

この間のJCの実況でも、井崎先生が、
「サムソンは、馬が変わった。 昔のサムソンじゃない。
本当に大人びた品のある馬になった。」
と言ってましたね。

そうそう!
ザルカヴァの走り、観ましたよ!
凄いですね。
それにしても・・・凱旋門賞のサムソン、惨敗でしたね。

有馬でラストランとのことですが、
武さんじゃ駄目です。
最後なんだから、このまま石橋さんに乗せてほしい。っていうか、武さん、年内ゆっくり休んでほしいです。
スッキリしないです、ファンとしては、泣けない引退です。
ああ、昨年のダイワメジャー、一昨年のディープインパクトの引退の充実感は沸かないのですよ。。。
ああ、、、スッキリしない、モヤモヤ。。。
by: Jacaranda | 2008/12/06 02:01 | URL [編集] | page top↑
#DDさんへ
DDさん、ご無沙汰しておりました。

やっと復活です。
やっぱり、携帯からの更新は、写真もイマイチ、文章作成も不便なのでついつい放置状態でした。

久々に馬にたくさん触れて、現地観戦はいいですよね。
次は、有馬は絶対ですが、行ければ朝日杯FSの日あたりも行ってみたいですね。 
写真撮影に慣れるためにね。(苦笑)
by: Jacaranda | 2008/12/06 02:07 | URL [編集] | page top↑
#鍵コメさんへ
お久しぶりです。
ご訪問ありがとうございます。

やっと、インターネット再開できました。
そうですね。。・
競馬から数ヶ月離れていたわけですが、
久方ぶりに出かけた競馬場は、自分でも戸惑ってしまいました。
おっしゃるとおり、まさにアフリカから戻って、成田に降り立ったときに感じた感覚と同じ気分でしたね・・・

でも、やっぱり強くて美しい馬たちの姿は感動です。
観客の興奮や、思い思いの応援している馬たちにかける言葉が聞こえてきて、わくわくして聞いていました。
いいですね、馬って!
撮った写真もまたまとめてみます。
またお越しください。
by: Jacaranda | 2008/12/06 02:23 | URL [編集] | page top↑
#
久しぶりに更新されていたので、
書き込ませていただきます。

プライムステージ懐かしいですね。たしかサンデーサイレンスの初年度産駒ですよね。

気性が荒くてレース前に岡部騎手がロデオしてた馬ですよね。とても好きな馬だったので良く覚えています。今思えば、あの頃のサンデーサイレンス産駒はとても強烈なイメージが残っています。
とにかくみんな強かったですよね。
スクリーンヒーローはもっともっと強くなると思います。
by: ポッチャマ | 2008/12/09 18:56 | URL [編集] | page top↑
#ポッチャマさんへ
ポッチャマさん

我が家のPCが壊れてしまって、なかなか復活できなかったのです。

スローペースですが、ぼちぼち更新していこうと思っていますので、
またお越しください。
(なんていいつつ、JC観戦記の続きはどうした?って突っ込まれそうですが。。。。汗汗)

プライムステージは、サンデーの初年度産駒でしたか・・・
気性の激しいのは、父譲りですよね。
そういえば、最初のころの子供たちの父のそういった気性=癇症みたいなものを強く受け継いでいたような気がしますね。
そうそう、思い出しました!
岡部さんのロデオ、それも懐かしいです。
本当に、サンデーの子供たちはみな確実に、成績を残してくれてました。
偉大な種牡馬でしたね。改めてそう思います。 日本の競馬が世界にここまで通用して行けたのも、やはり彼の功績があるからでしょう。

スクリーンヒーロー。
底知れない強さを秘めていますよね。
JCで勝つまでの戦跡を見ても、そう感じさせますね。
昨年の有馬のマツリダゴッホ君のような「KY」なルメール騎手って気がしないでもないですが、(笑)
素直にその強さを認めちゃいました。
有馬、楽しみになってきましたね。

by: Jacaranda | 2008/12/11 06:39 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/240-c9c44e7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。