jpg NEO Sense of Horse Life アストンマーチャンが急性心不全のため21日死亡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

アストンマーチャンが急性心不全のため21日死亡

SprintersS2007-AstonM01.jpg
サンアディユ(左) と アストンマーチャン
スプリンターS 2007



春のクラシック戦線真っ盛りの季節。

忙しい診療業務の日々で、日曜はTV観戦はするものの
なかなか記事をまとめるまでの時間が取れないでいる。

そんな矢先の昨夜。 、
雨模様のなか帰宅。
帰宅後、PCの競馬ニュースを久々に開いてみて目に飛び込んできた

” アストンマーチャンが死亡 ” のビッグタイトルニュース。

ビックリした。 えっ?と思った。

去年の9月30日、雨の中山でのスプリンターズS(G1 芝1200m)の彼女は、輝いていた。

鮮やかな逃げ切り勝ちで、
鞍上の中館騎手の嬉しそうな姿とともに彼女の堂々たる姿を生で観た
その感動のままの記憶をずっと持ち続けていたから。
あの時のあのマーちゃんが亡くなった・・・??
と、一瞬、信じられない気持ちに包まれた。

なんということだ。 ショックだった。

何故? 死因は?
と、記事を読み進める。

X-大腸炎(エックスだいちょうえん)を発症し、
栗東トレーニングセンター競走馬診療所にて入院加療中、急性心不全のため死亡
という発表。

苦しかったのだろうと思う。
馬は、本当に繊細だ。
彼女は、
ゲートが開いてダッシュし、
そのまま走り続けて空まで駆け上がっていってしまったのだろうか。

スプリンターSで、快速牝馬ワンツーを決めたサンアディユ とともに、
また天国で、1200mを、自由に爽やかに走り抜けていって欲しい。。。

まだ4歳の春を迎えたばかりだった。。。
アストンマーチャンの冥福を祈ります。






* X 大腸炎 ( colitis X )

 馬の急性出血性下痢症。 本症は、悪臭ある激しい水様性( 血様 )下痢を主症状とし、
 脱水状態を伴い、急激に虚脱状態に陥る。 
 全身性のうっ血( 出血 )と大腸のうっ血性出血が特徴。
 原因は不明。
 ストレス要因とエドトキシン(大腸菌、サルモネラ菌などの細菌の持つ毒素のこと)の関与
 があるとされる。
  --- 「獣医学大辞典」(チクサン出版社刊) 参照 ---



 
 


スポンサーサイト
05:05 | 現役牝馬 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑
天皇賞・春を観に府中へ | top | やはり混沌 ・・・ スプリングS結果

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/238-a66286e7
えっホントかい? 今日はこれがビッグだな。 主なところを載せてみる。 アストンマ...
2008/04/25 (Fri) 19:35 | 気の向く馬馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。