jpg NEO Sense of Horse Life シンガポールのレース、日本馬のワンツー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

シンガポールのレース、日本馬のワンツー!

bulk-singapoleAR2007.jpg
シンガポール・エアラインズ・インターナショナル・カップ(国際GⅠ)芝2000m 
写真提供:ホッカイドウ競馬 「バルク日記」より 
     撮影 斉藤 修氏(深謝!)



今日は、忙しいですね~~!
(って、先週のヴィクトリアMのレース回顧のアップもまだです。。。汗汗)


もの凄く悔しい結果と、もの凄くうれしい結果と・・・
どちらも、涙が出てしまいました。

速報!

やりましたね~~~ぇ!!
国際G1でのまたまた日本馬のワンツー・フィニッシュ!!

ディフェンディング・チャンピオンのコスモバルクも、
(ちょっとかかっちゃったんだね・・・でも!)意地を見せてくれました!!
ありがとう~~!!


バルク本当に頑張った、今年は2着!

クランジ競馬場【GⅠシンガポール航空国際カップ】(国際GI・芝2,000m、13頭、発走=日本時間21:35)で2連覇に挑んだコスモバルクは、優勝したJRAシャドウゲイト(田中勝騎手、美浦・加藤征厩舎)に次ぐ2着でした! 連覇こそ逃しましたが、ゴール前でインから差し返し前年覇者の意地を見せました!
発馬を決めると気合十分にハナを奪う勢い、内の馬と雁行になり掛かった感じでしたが五十嵐騎手が我慢させて僅かに2番手。3角からスパートし外から並んできたシャドウゲイトに4角で交わされると、直線向いて一旦後退する感じ。しかし昨年を思い出したか、其処から再び闘志むき出しに差し返し、シャドウゲイトから1馬身少々差の2着でした!
世界に誇れる日本馬ワンツー、特に2年続けてのバルクの頑張りは大いに称えられる事でしょう。応援有難うございました!

北海道競馬運営改善対策室




シャドウゲイトも、ディープ世代ですからね!
やっぱり、強いんですよ!
一番人気だったんだ・・・(驚)
カッチー、恐るべし!

嗚呼、ラジオ短波のボリュームを上げて、
思わず、ラジオの前で、大拍手でした。

今夜は、これからオークスの写真整理とTVのVTR鑑賞、
そして、できれば・・・レース回顧も載せようと思っています。

よかったですね==!
ほんと!
バルク!
あんたは、え・ら・い!!
凄い馬だよ!

20070520223621.jpg
「バルク日記」より

2頭とも、無事に帰国してくださいネ!
本当に、感動をありがとう!!




ラジオNIKKEIからの記事および関係者のコメントを載せます。

【シンガポール航空国際C】(G1)~シャドウゲイト後続を振り切り優勝!コスモバルク2着で日本馬ワンツー達成!

20日(日)シンガポール・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際カップ(G1 芝2000m)は、好位の外を進んだシャドウゲイト(JRA)が直線で外から先頭に立ち、後続の追い上げを振り切って優勝。初めての海外遠征で、見事初G1制覇を果たした。同じく好位を進んでいたコスモバルク(ホッカイドウ競馬)は直線で伸びを欠いたかに見えたが、ゴール寸前で驚異の盛り返しを見せ、接戦ながら2位入線を果たし、見事に日本馬のワンツーフィニッシュとなった。3着に追い込んだドクターディーノ、4着にはセテンブロショヴィが入った。

横一線のスタートから、スタンド前でコスモバルクが行きかけるも控え、地元のクルーソーが先手を奪った。コスモバルク、オラクルウエスト、キャンディデート、シャドウゲイトが続いて選考グループが一団のまま4コーナーまで進み、直線の追い比べへ。直線を向いて一旦先頭に立ったコスモバルクを外からシャドウゲイトがとらえ、早めに先頭へ。追うオラクルウエスト、ドクターディーノ、後方からはセテンブロショヴィが差を詰めてくるがシャドウゲイトは最後まで馬体を並べさせず、先頭でゴールを駆け抜けた。コスモバルクは一旦3番手辺りまで下がったがそこから驚異の盛り返し、2着に食い込んで見事ワンツーフィニッシュを果たした。

海外のG1競走での、日本調教馬によるワンツーフィニッシュは、昨年のメルボルンカップ(豪G1)のデルタブルース・ポップロック以来。




【シンガポール航空国際C】(G1)~加藤征弘調教師、田中勝春騎手のコメント

●加藤征弘調教師(1着シャドウゲイト)のコメント
「オークスは残念でしたが、この勝利は嬉しく思っています。このレースに臨むにあたって、実績のある馬が揃っているので不安は一杯でした。滞在して私も1週間ですが、今日は一番天気も良く、馬場も良い状態だと思っていました」

●田中勝春騎手(1着シャドウゲイト)のコメント
「日本と同じ競馬ができればと思って乗りました。4コーナーを回って先頭に立ったときは、このまま行ければと思っていました。とにかく勝てて最高です。応援してくれたファンの皆さんにはありがとうと言いたいです」




【シンガポール航空国際C】(G1)~五十嵐冬樹騎手、田部和則調教師のコメント

●五十嵐冬樹騎手(2着コスモバルク)のコメント
「シャドウゲイトの2番手と考えていたので、誤算でした。2コーナーから向正面にかけて、掛かってしまったのが厳しかったです。(直線で一旦下がった時には)もうダメかと思いましたが、差し返すことができたのは、若い頃と変わらないバルクに戻ってきたのではないかと確認できました」

●田部和則調教師(2着コスモバルク)のコメント
「かかり気味になってしまったのが厳しかったです。相手はシャドウゲイトだと思っていましたので、この結果には満足しています。次走は予定通り宝塚記念を使いたいと思います」


(NAR地方競馬全国協会のリリースによる)

嗚呼・・・感涙・・・・

スポンサーサイト
22:38 | 海外競馬関連 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑
ベッラレイア 惜敗のオークス | top | 久々の府中競馬場

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/217-9579b17a
 シャドウゲイトがシンガポール航空国際Cを1着!2着にはコスモバルクが入り、「日本馬ワン・ツー再び」となった。シンガポール航空国際C、日本馬ワンツー!5月20日22時27分配信 netkeiba.com 現地時間20日、
2007/05/20 (Sun) 23:40 | Re:F's blogroom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。