jpg NEO Sense of Horse Life 春の淀で3冠目 メイショウサムソンここにあり!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

春の淀で3冠目 メイショウサムソンここにあり!

tenno-sho-spring2007-netkei.jpg
天皇賞・春2007
写真提供:netkeiba.com



いや~~、もう泣けてきますね。
ディープインパクト次世代の牽引馬として、昨年の2冠馬の意地をみせてくれました。
メイショウサムソン、あんたはエライ!
って、本当にそう思いますよ。

混戦の第135回天皇賞・春、淀の3200mを制したのは、
メイショウサムソンと石橋守騎手。
直線の攻防は、もう必死に声援を送っていました。

内を突くトウカイトリックと外から襲ってくるエリモエクスパイアとの壮絶な叩き合いを
ハナ差で制した凄い勝負根性に胸が震えました。


石橋守騎手のG13勝は、すべてこのサムソンとのコンビで成し得たもの。
そして、管理する高橋成忠調教師にも、初のG1タイトルをももたらしてくれました。
父オペラハウス産駒として、
テイエムオペラオーに続く、天皇賞・春3勝目。
昨年秋、3冠目の菊花賞を惨敗した時には、長距離不適説も流れていました。
悔しい涙を流していただろうサムソンの、
ド根性でもぎ取った今日、3200mの長距離レース制覇。


今日のサムソンは、パドックから、いい気配が漂っていました。
馬体重、-2Kgも好材料。
特に、本馬場入場後、輪乗りしているサムソンは、
首を上下に振りながらメチャクチャ気合充分で、
勝負に挑む覇気が全身からみなぎっていました。

( う~~ん。。。やる気ありすぎ! 折り合い欠いて、すっ飛んでしまわないか・・・???)

と、逆に心配してしまうほど。


レースに入ると、中団で、非常にうまく折り合っているではないか!

( いいぞ! いいぞ!!)

逃げ宣言のユメノシルシがハナを切って進んで行き、
有力どころの一番人気アイポッパーは、後方に控えてしまっている。
デルタブルースが前々で競馬。
2周目の3コーナー下り坂から、早めに動いていくサムソン。
4コーナーを回る時には、既に先頭を伺うほど。

( 早すぎる!?)

いやいや、今日のサムソンは素晴らしかった。
”並んだら、絶対抜かせない!!”という、彼の持ち味を100%発揮したいいレースでした。

石橋騎手の勝利ジョッキーインタビューがまた泣かせてくれました。

「 言葉に言い表せないくらいに嬉しいし、サムソンに心から感謝している。
  少し仕掛けが早いかとも思ったが、力を信じて乗った。
  直線の叩き合いの間は、”がんばれ!”と心の中で言いながら追った。
  この馬の勝負根性は、本当に素晴らしい。
  サムソンに、心からありがとうと言いたい。」




引退した元管理調教師の瀬戸口師が、嬉しそうに駆け寄っていたところが、
TVに映し出されていて、じわ~~っと嬉しさがまた込上げてきました。

さあ、今年の古馬G1戦線を引っ張っていくのは、
やっぱり、メイショウサムソン、あなただよ!

  

第135回 天皇賞(春)(GI)結果

サラ系4歳以上 3200m 芝・右 外
(国際)牡・牝(指定)オープン
発走 15:40
天候:晴   芝:良

1 6 メイショウサムソン 牡4 58.0 石橋守 3:14.1   34.7 516 -2 高橋成忠 2
2 16 エリモエクスパイア 牡4 58.0 福永祐一 3:14.1 ハナ 34.6 502 0 大久保龍志 11
3 12 トウカイトリック 牡5 58.0 池添謙一 3:14.1 クビ 34.4 438 -4 松元省一 4
4 8 アイポッパー 牡7 58.0 安藤勝己 3:14.2 1/2 34.2 456 -2 清水出美 1
5 10 トウショウナイト 牡6 58.0 武士沢友治 3:14.4 1 1/4 35.1 476 -12 保田一隆 6
6 7 トウカイエリート 牡7 58.0 川田将雅 3:14.5 3/4 34.7 488 -2 松元省一 13
7 5 アドマイヤタイトル 牡5 58.0 四位洋文 3:14.6 クビ 35.1 508 -4 河野通文 12
8 13 ダークメッセージ 牡4 58.0 佐藤哲三 3:14.8 1 1/4 35.2 476 -2 佐々木晶三 8
9 4 アドマイヤモナーク 牡6 58.0 村田一誠 3:14.9 3/4 35.0 482 +10 松田博資 16
10 2 ファストタテヤマ 牡8 58.0 武幸四郎 3:15.1 1 1/2 35.3 470 0 安田伊佐夫 9
11 1 マツリダゴッホ 牡4 58.0 横山典弘 3:15.1 クビ 35.6 476 -4 国枝栄 5
12 15 デルタブルース 牡6 58.0 岩田康誠 3:15.2 クビ 35.9 516 -6 角居勝彦 3
13 14 ネヴァブション 牡4 58.0 北村宏司 3:15.4 1 1/2 35.2 470 -2 伊藤正徳 7
14 9 ウイングランツ 牡7 58.0 秋山真一郎 3:15.9 3 36.0 488 -4 高市圭二 15
15 3 ユメノシルシ 牡5 58.0 吉田豊 3:18.1 大差 38.8 496 -2 大久保洋吉 10
16 11 マイソールサウンド 牡8 58.0 角田晃一 3:21.7 大差 42.0 476 -6 西浦勝一 14


タイム
ハロンタイム 13.2 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.8 - 11.6 - 11.8 - 13.0 - 12.9 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 12.3
上り 4F 46.6 - 3F 34.8







スポンサーサイト
21:21 | レース回顧 | comments (4) | trackbacks (1) | page top↑
久々の府中競馬場 | top | 凄い脚だ、ベッラレイア!

コメント

#管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2007/04/30 08:17 | URL [編集] | page top↑
#
鍵コメさん、おはようございます。

メイショウサムソンと石橋騎手、ほんとによかったです。
昨年の皐月、ダービーと生で観て、彼らの活躍をずっと見つめてきた私でしたが、久々の感動でした。
本当によかったと思います。 願ったとおりの結果で、石橋騎手のインタビューの言葉には、泣けました。

そうですか・・・シンザンと同じ感じ・・・
そうですね。ディープのような派手さはないけれど、確実な走りというか安定感のある走りは、シンザンを彷彿とさせますね。 だから、サムソンにたまらなく魅かれるのでしょうね。

TBの件、ご迷惑をおかけしてすみません。 fc2ブログも、時々トラぶりますので、特別な規制をかけているわけではないと思います。
特に障害情報もありませんし・・・
GW中は、管理も手不足ですが、また懲りずにいらして下さい。
by: Jacaranda | 2007/04/30 11:40 | URL [編集] | page top↑
#承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2007/05/19 21:34 | URL [編集] | page top↑
#承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2007/05/20 23:03 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/214-348d7e89
 天皇賞は、足利市総合公園陸上競技場からの道中でワンセグで見てたのだが、道程の長さと「ドンガバチョ」で、結構内心凹んでました・・・。>天皇賞・春 正直、メイショウサムソンを褒めるしかないです。能力的
2007/04/29 (Sun) 22:22 | Re:F's blogroom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。