jpg NEO Sense of Horse Life 清々しい逃げの勝利だった皐月賞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

清々しい逃げの勝利だった皐月賞

satsukisho2007-02-houchi400.jpg

皐月賞 2007
写真提供:スポーツ報知



日曜は、牡馬3歳クラシック第一戦、皐月賞だった。

左足首を捻挫していて、久々にリアルタイムでレース観戦できた。
やっぱり、クラシックは特別な雰囲気がある。
華やかで、さわやかで、本当に春爛漫といった感じだ。
仕事をお休みしているので、最後まで中山に出向こうかと迷いながら、
それじゃあ、本末転倒だ!と思いとどまる。

結果は、7番人気のヴィクトリーの逃げ粘り勝ちだった。
それにしても、負けて強しの3着に吹っ飛んできたフサイチホウオー。
直線は、ぐんぐんと速度を増し、見ている私は、

”ホウオー、差せる、差せる~~!!”

と叫んでいた。
4角周って、直線を、並み居る他馬をごぼう抜きで迫ってくる。
メンバー中最速タイ(オーラも同タイム)の上がり3F33秒9の脚は、凄かった。

中山の短い直線が、運を分けた感がある。
ハナ、ハナ差の上位3頭の決着。

しかし、きっと、ホウオーは、東京の長い直線で、突き抜けてくるだろう。
ダービーの最有力候補は、やはりフサイチホウオーだろうと確信した。

パドックの彼も、-10Kgとはいえ、それは、前走共同通信杯での
太め残りの体からすると、ちょうどいい感じだったし、
18頭中、やはり堂々としていて、王者の風格が漂っていた。
お父さんのジャングルポケットと同じ1枠1番、共同通信杯からのぶっつけ。
結果も、父と同じ、皐月賞3着とは。。。
次こそは!
である。


一方、
勝ったヴィクトリーは、テン乗りの田中勝春騎手の名騎乗だろう。
追い切りで、調教助手を振り落として、坂路を駆け上がった
気難しい気性のこの馬を、うまく気分よく走らせての、
最後の粘り腰を見せる、実力100%を引き出した嬉しい勝利だった。

TV解説の井崎さんがおっしゃっていたけれど、
田中勝春騎手が乗った馬で、口を割る馬はいないほど、
それほど、上手に馬の気分を損なわずに騎乗できる人なんだそうだ。

そんな田中カッチー騎手、なんと中央G1制覇が、
1992年の(あの懐かしい!)ヤマニンゼファーの安田記念以来、15年ぶりとのこと。

勝ったヴィクトリーとフサイチホウオーが並んで、
ゆっくりターフから戻ってきたところがTVに映し出されていたけれど、
ヴィクトリーを向かえにきた、女性厩務員さんと若い調教助手さんの二人が、
もう嬉しさではちきれんばかりの笑顔見せていた。

何度観ても、爽やかで、いいシーンだ。

花輪をつけて表彰式を終えたカッチー騎手が、大先輩の岡部幸雄氏を見つけて、
思わず抱き合っていた姿がとても印象的だった。
カッチーといえば、バランスオブゲームとのコンビが強烈だったけれど、
そういえば、バラゲー君も癖のある荒削りな男馬だったなあ。。。
バラゲー君の悲願の天皇賞・秋G1を前にしての無念の引退もあった。。。
おまけに、兄、リンカーンの果たせなかった夢のG1を弟が戴冠だなんて・・・
なんだかこちらも泣けてくるほど嬉しくなる勝利ではないか。



一番人気だったアドマイヤオーラも、皐月賞を見る限り、
フサイチホウオーを超えることは出来ないという気がするし、
パドックで注目していた、フライングアップルや
応援していたドリームジャーニー、ニュービギニングは、完敗っていう感じだけれど、
とても清々しい風が吹き抜けたいいレースだった。



F-ho-o-kyodo01.jpg
フサイチホウオー
共同通信杯パドック 2007


嗚呼、
ダービー、生で見に行きたいなぁ!



第67回皐月賞(G1)全着順

サラ系3歳 2000m 芝・右
牡・牝(指定) オープン 定量
発走 15:40
天候:晴   芝:良

1 17 ヴィクトリー 牡3 57.0 田中勝春 1:59.9   35.9 476 0 音無秀孝 7
2 9 サンツェッペリン 牡3 57.0 松岡正海 1:59.9 ハナ 35.7 466 -8 斎藤誠 15
3 1 フサイチホウオー 牡3 57.0 安藤勝己 1:59.9 ハナ 33.9 506 -10 松田国英 2
4 15 アドマイヤオーラ 牡3 57.0 武豊 2:00.1 1 1/2 33.9 444 -2 松田博資 1
5 10 メイショウレガーロ 牡3 57.0 福永祐一 2:00.2 1/2 35.4 456 +2 小島太 11
6 2 ローレルゲレイロ 牡3 57.0 藤田伸二 2:00.2 クビ 34.6 464 -4 昆貢 9
7 12 アサクサキングス 牡3 57.0 武幸四郎 2:00.4 1 35.6 486 -2 大久保龍志 6
8 6 ドリームジャーニー 牡3 57.0 蛯名正義 2:00.5 クビ 34.1 410 -6 池江泰寿 3
9 18 ココナッツパンチ 牡3 57.0 吉田豊 2:00.5 クビ 34.5 456 -14 大久保洋吉 4
10 3 マイネルシーガル 牡3 57.0 後藤浩輝 2:00.6 1/2 35.2 502 -2 国枝栄 12
11 8 ナムラマース 牡3 57.0 藤岡佑介 2:00.8 1 1/4 34.7 462 +4 福島信晴 5
12 16 フライングアップル 牡3 57.0 横山典弘 2:01.0 1 1/2 35.3 504 +2 藤沢和雄 8
13 7 サンライズマックス 牡3 57.0 池添謙一 2:01.1 1/2 35.0 432 -6 増本豊 13
14 4 ブラックシャンツェ 牡3 57.0 上村洋行 2:01.2 1/2 35.3 492 -12 長浜博之 18
15 11 ニュービギニング 牡3 57.0 四位洋文 2:01.3 1/2 34.7 436 0 池江泰郎 10
16 5 フェラーリピサ 牡3 57.0 岩田康誠 2:01.3 ハナ 36.0 496 0 白井寿昭 14
17 13 モチ 牡3 57.0 川田将雅 2:01.8 3 35.4 494 -4 田中章博 17
18 14 エーシンピーシー 牡3 57.0 柴田善臣 2:02.1 2 37.0 468 -4 久保田貴士 16


タイム
ハロンタイム 12.2 - 11.2 - 12.1 - 11.6 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 11.6 - 12.0 - 12.3
上り 4F 48.2 - 3F 35.9


スポンサーサイト
18:13 | レース回顧 | comments (2) | trackbacks (5) | page top↑
凄い脚だ、ベッラレイア! | top | ホクトベガとメジロマックイーンの命日

コメント

#こんばんわ!
行きましょう、ダービーに☆^^
仕事は・・「風邪or体調不良」ということで^m^

今年の皐月賞は本当に爽やかな心地よい風が
吹き抜けたレースでしたね!
カッチーの勝利ジョッキーインタビューは
カッチーの人の良さがにじみ出ていて、
何度見ても笑みがこぼれてきます♪
by: pirloyan | 2007/04/18 23:54 | URL [編集] | page top↑
#
pirloyan さん、こんばんは~~!

皐月賞、カッチー騎手を始めとして、関係者の方たちの本当に、嬉しそうな様子がTVを通してでも伝わってきて、清々しかったですね。

法王さまは、当初から、ダービー向きで中山の皐月賞は、取りこぼすでしょうって、言われていましたけれど、
お父さんのジャンポケそっくり周到して、まったく天晴れって感じです。
そんなところも、負けて強し野彼の姿も爽やかに見えました。

>カッチーの勝利ジョッキーインタビュー
そうですね。。
カッチー騎手とバラゲー君のコンビ、昨年の産経賞オールカマーの時のインタビューも印象的でしたしね。。。
本と、人柄の滲み出るインタヴューで、15年ぶりのG1勝利ということを、本当に嬉しそうで感激していた様子で、こちらもよかったなぁ~~って、思いました。

本当に、、、
ダービーの日は、仮病デでもいいからお休みしたいですね・・・
って、書き入れ時なのに。。。
大丈夫かな。。
って、クラシックの日は、特別な雰囲気、いいですよね・・・
それに、素晴らしく改装なった東京競馬場にも、行ってみたいですしね。。。
悩みます。。
by: Jacaranda | 2007/04/22 00:38 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/212-41f5a5de
荒れちゃいましたね…。【皐月賞】
2007/04/18 (Wed) 22:32 | remiの直線一気ゴボウぬき
今年の皐月賞・・私ってば自分が情けないですよ。 ドリームジャーニー君を本命にし
2007/04/18 (Wed) 23:43 | ■soliloquy■
今日の皐月賞は前後半が59.4-60.5という平均よりやや速いペース、それで前を行った2頭が残り、フサイチホウオーがハナ差届かず3着。アドマイヤオーラは更に1馬身半遅れて4着。アドマイヤオーラもフサイチホウオーも期せずしてスタートから位置取りを下げた。安藤勝巳騎手
2007/04/19 (Thu) 14:33 | Racing Blog 2007
皐月賞は、田中勝春J騎乗のヴィクトリーが逃げ粘った形で勝った。鞍上にしてみれば15年ぶりのG1勝利、ブライアンズタイム産駒としてはノーリーズン・タニノギムレット以来5年ぶりのクラシック、久々の勝利となった
2007/04/20 (Fri) 19:22 | 気の向く馬馬
 皐月賞の発走時間がちょうど「サテライト・横浜Fマリノスvs横浜FC」の試合中だったので、さすがにワンセグで見れる状況じゃなかった・・・。 という事で、試合終了後に結果だけを確認し、帰宅後にJRAインタラクティヴ
2007/04/20 (Fri) 23:06 | Re:F's blogroom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。