jpg NEO Sense of Horse Life 48歳の決断

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

48歳の決断

K.Princess02.jpg
優勝して引き上げてくるカワカミプリンセスと本田優騎手 
オークス 2006


昨日の15日、JRAから、2007年度の騎手、調教師免許試験の
合格者17人(騎手10人、調教師7人)が発表された。

その中には、
昨年の牝馬クラシック2冠馬カワカミプリンセスの主戦騎手だった
本田優騎手の調教師合格と、
笠松競馬所属、安藤光彰騎手のJRA騎手合格”48歳の転機 ”が、
特別印象的だった。

ともに、48歳。

特に、本田騎手の場合は、
昨年のカワカミプリンセスのエリ女杯の一着入線、そして12着降着
という不本意な結果を残したまま、
「 年内引退!?宣言 」もあったりして、、、
古馬になった今年のカワカミプリンセスの動向とともに、
私としては、本田騎手のことは非常に気になっていた存在だった。
その、エリ女杯の降着決定の後のインタビューでは、

「 馬には罪はない。 自分を処分してくれるならどんなことでも受けるから、
  どうか馬にだけは。。。と懇願したのだけれどダメだった。 」

と、答えていたその無念な胸中を推し量って、
馬に対する愛情が伝わってきて、来年(2007年)もカワカミプリンセスに騎乗して、
その真の実力を見せて欲しいものだと思っていたし、
( もしかすると。。。本田騎手もあともう一年くらい、
  せめてエリ女杯再挑戦で、きちんと結果を出してからの引退か・・・)
と、希望的観測を持っていたのだけれど。。。

「 騎手引退 → 調教師転向 」という路線は、すでに一年前から決めていたことのようなので、
カワカミプリンセスに出会っていても、意志は変わらなかったということか・・・

それにしても。。。
本田騎手は、2月の乗鞍の残る2週、17日の京都記念(マイソールサウンド)、
24日のアーリントンC(ローレルゲレイロ)を最後に騎手生活にピリオドを打ち、
3月から(早速!)調教師開業ということだ。

( 厩舎開業規定とか、よくわからないけれど。。。
  合格したら、即開業しなくちゃいけないんだろか・・・???)

う~~ん。。。
3歳牡馬クラシックの有力馬、ローレルゲレイロも、カワカミプリンセスも
なんとなく「 騎手:本田優 」というのがピッタリだった気がしていて、
(私が勝手にそう思っている。。。)残念だと思うのと同時に、

「 はっきり言って(騎手に)未練はないです。」(報知新聞記事より

って、そんなキッパリ言っちゃうとねぇ。。。
カワカミプリンセスの降着劇のモヤモヤ感が払拭できないよ~~!
そう言っちゃあ、身もふたもないでしょう・・・・?、本田さん!!
(って、思ったのは私だけ??)




anmitsu-JRAJ-hochiN.jpg
安藤光彰騎手
JRA騎手合格の報を受けて満面の笑顔
写真提供:報知新聞



一方、念願の騎手合格に喜びを素直に表現している安藤(光)騎手は、
とても爽やかな印象で、こちらもなんだかうれしくなってくる感じ。

すでに中央転向して大活躍中の弟、安藤(勝)騎手のお兄さんが、
果敢な挑戦で夢をつかんだ。
目指した理由が、中央の華やかさに憧れたというような単純なものではない。
地方競馬の抱える存続問題。
所属する笠松競馬の行く末も「試験的存続」という不安定なもの。
そういう中での2年前の決断だったそうだ。
2度目の挑戦での合格。

「 減量は苦にならないし、体も全然大丈夫。
  パワフルで思い切った自分のスタイルで頑張る。
  自信はある。」

という、地方競馬のベテラン騎手の力強い中央デビュー宣言。
どうか頑張って欲しい。


二人の、” 48歳の決断 ”。
48歳で、「 やることは全部やって未練はない。」と騎手生活を終える人。
「 体も全然大丈夫、これから頑張る。 」と新たな騎手生活に挑む人。
と、人生は悔いなきものにしなければという思いを、
このお二人の会見記事を読んでしみじみ感じた。

3月からのお二人の新しい出発に幸あらんことを!!



スポンサーサイト
18:31 | 競馬関連ニュース | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
ローエングリン8歳の輝き、中山記念 | top | インパーフェクト、弥生賞へ

コメント

#去る48歳、来る48歳…
Jacarandaさん、こんにちは!
本田騎手の引退。多分、こうなっちゃうのだろうなあとは考えていたんですが、私もちょっと納得出来ない感じなんですよね…。
Jacarandaさんが仰るように、川上姫の今後(主戦騎手)の事も勿論ですが、やっぱりエリ女の不利が原因で競争能力喪失・引退となってしまった、ヤマニンシュクル嬢の為にも、本田騎手鞍上で川上姫にGⅠ(出来ればエリ女)を勝って欲しかったなあ…と。
本田騎手自身に未練はないのかも知れないですが、シュクル嬢や鞍上の四位騎手・それに何より川上姫やその関係者や、シュクル嬢や川上姫のファンは未練(というかスッキリしないモヤモヤ…)たっぷりなんじゃないかなあ。
(私が、テイオーの娘だからって拘り過ぎなのかしら?笑)
なんだか、とても残念です。岡部さんの引退時みたいに素直に、『長い間お疲れ様でした!』って言えない気持ちです…。

もう一人の48歳、アンミツさん!凄いですね!弟のアンカツさんが中央で大成功しているから、きっとこれからの方がもっと大変だと思うけれど、ぜひ頑張って頂きたいですね!!

by: D'z2号 | 2007/02/17 10:48 | URL [編集] | page top↑
#
D'z2号さん、こんばんは。

本田騎手、昨年後半特に、エリ女杯のレース以後の言動が、いまいち納得できなかったので、
今回、調教師試験を受けていたと知って、
まあ、あの時点で調教師試験に合格して調教師になれるとは決まっていなかったということもあったのでしょうが。。。
何で、あの時期だったの??って思いますよね。 川上姫の斜行は、やはり鞍上の責任も大きいと思いますものね。
だから、おっしゃるように不利を受けたヤマニンシュクルの競争能力を失うほどの不利をこうむった、
後味の悪いものでしたものね。。。
やっぱり、「 全然未練はない! 」なんて、断言する本田騎手には、素直になれませんよね。

安藤光騎手、50歳を目前にでも頑張ろうとするその姿がすばらしいって思います。

さて。。。
川上姫やローレルゲレイロ君の鞍上誰になるんでしょう・・・
今後の興味はそちらですね・・・
なにせ、川上姫は、時代の風に乗っているヒロインですもの・・
by: Jacaranda | 2007/02/18 03:05 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/202-a8dd3f80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。