jpg NEO Sense of Horse Life プリンセスから女王への切符

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

プリンセスから女王への切符

shukasho2006-Yahoo.jpg
秋華賞 2006
写真提供: Yahoo ! Sports


先週日曜のレース。
言わずもがな、京都は3歳牝馬クラシック3冠目の秋華賞。
そして、府中は、府中牝馬S(3歳上GIII・芝1800m)が行われました。
どちらも強い勝ち方でした。



カワカミプリンセス。

無敗の秋華賞馬、無敗の牝馬2冠馬誕生ですね。
正直、オークスからぶっつけで来るということで、
凱旋門賞レースで敗れた、あのディープインパクトの再現があるのでは。。。
と、不安視していたのを、
ばっさりと切ってくれました。
スカッと胸のすくような、最後の追い込みのみごとな無敗の女王の誕生でした。
この先の活躍が楽しみですね。
三石川上牧場の皆さん、厩舎関係者の方々、
そして本田騎手、ほんとにおめでとうございました!




Daring-Heart.jpg
デアリングハート 
ヴィクトリアマイル パドック2006



一方、古馬牝馬の戦い、府中牝馬Sのほうは、
残念ながら、一番人気のディアデラノビアは3着に敗れ去りましたが、
変わって、同じ4歳馬のデアリングハートが、みごと重賞2連勝を飾っています。
このレース、3着まではこの4歳世代で占めているわけですから、
強い世代ですよね。
デアリングハートと言えば、
この初秋に逝った同期ラインクラフトとのワンツーフィニッシュの
2005年NHKマイルCのレースが懐かしく思い出されます。
ラインクラフトの分まで、頑張って欲しいですね。
さあ!
同じ4歳エアメサイアなどと共に、
3歳女王カワカミプリンセスを迎える11月のエリザベス女王杯が
俄然面白くなってきました。



tokyo1015-2006.jpg
東京競馬場 スタンドの向こうに沈む夕日
静かに今日のレースを振り返って・・・



当日午前中までは、東京競馬場に行って府中牝馬Sのパドックとレース観戦。
そして・・・そのあと、
京都の秋華賞は、ビッグターフビジョンでゆっくり観る・・・
と、計画していたのですけれど。。。
哀しいかな。。。
いろいろ事情が重なって、結果的には競馬場に行くには行きましたが・・・、
到着した時は、すっかりレースは終わっていました。(苦笑)
まあ、こんな綱渡り的な時は、おとなしく家でTV観戦っていうのが
妥当なところですが、
最近の私にとっては、溜まったストレスを癒しに行く場所として、
”競馬場”があるんですね。。。

メインレース観戦を終えて、駅に向う人々に逆行するように歩く私・・・
( あやしいヤツ? )
それでも、すべてのレースを終えて、その日のレース回顧ビデオを一通り観て、
秋の空に沈む夕日を眺めながら、暖かいコーヒーを飲む。。。
ゆっくりと・・・
ささやかな大事なひと時です。




秋華賞2着馬のアサヒライジング。

アメリカンオークスでの2着から、ここに来て
やっぱり強い粘りの競馬で、善戦しましたね。
これも、嬉しい結果です。
アサヒライジングの血統。
なにせ、母のアサヒマーキュリーという名前も良いし、
( 私的見解です。 フレディー・マーキュリーにあやかってます。)母父ミナガワマンナには、あの日本の競馬の神様シンザンの血が脈々と流れているわけで、
素晴らしい!
スポンサーサイト
19:30 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (6) | page top↑
『ばんえい競馬』の存続を求める署名のお願い | top | クラフトワークが引退

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/147-935bf012
最後の直線は世代最強牝馬のことをボー然と見ているだけだった。だってあんなハイペー
2006/10/18 (Wed) 00:26 | ■soliloquy■
土曜日に東京競馬場へ行ったとき普通に長袖のシャツを着ていったんだけども日中でも結
2006/10/18 (Wed) 00:27 | ■soliloquy■
強かったですね~プリンセス。【秋華賞】
2006/10/18 (Wed) 07:28 | remiの直線一気ゴボウぬき
秋華賞はオークス馬カワカミプリンセスがデビューから5連勝、しかも無敗で制した。テイエムオーシャンでぶっつけで臨んだ厩舎、違うな~。ダンシングブレーヴ産駒のテイエムオーシャン、そしてキングヘイローを
2006/10/18 (Wed) 20:29 | 気の向く馬馬
  (写真:スポーツ報知) 先日の秋華賞。 我が愛馬アドマイヤキッスが今度こそ
2006/10/19 (Thu) 01:14 | おけら街道まっしぐら
単純に結果だけを見ると、オークスの上位4頭がそのまま1~4着。2着と3着が入れ替わっただけのことで、夏以降の新興勢力は出番がなかった。5着のシェルズレイも6着のキストゥヘヴンも春に実績を残した馬で、新興勢力はサンドリオンが7着に入ったのがやっと。カワカミ
2006/10/19 (Thu) 15:00 | Racing Blog 2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。