jpg NEO Sense of Horse Life ディープインパクト、今朝フランスへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ディープインパクト、今朝フランスへ

JALcargo-DI.jpg
ディープインパクトの搭乗するカーゴ
写真提供: SANSPO.com


栗東から美浦の検疫馬房で調整を積んでいたディープインパクトが、
本日無事、成田を出発した。
10月1日、フランス、ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に
出走するためだ。

今日は、早朝からTV各社が、このディープの出発の様子をニュースに取り上げていて、
いまさらながらに、日本におけるディープインパクト旋風の大きさを
思い知る形になった。

SANSPOのネット記事で、このディープの搭乗する特別仕様のカーゴのことを紹介していた。
このカーゴで飛行中にディープが過ごすのが「ホースストール」と呼ばれる
コンテナだそう。

JAL-cargo02-SANSPO.jpg
ホースストール

この中に、帯同馬ピカレスクコートと一緒に過ごすわけだ。
中は、空調管理はもちろんのこと衝撃吸収仕様の壁など、
ディープの世界制覇に向けて最高級のVIP待遇だ。


今朝の成田空港は、台風7号の接近のため風雨の影響を懸念していたけれど、
無事予定通り離陸したようだ。

さあ、いよいよだ。
もうずっと先のことのように感じていたディープインパクトのフランス遠征が、
こうして現実になった。
池江調教師の談によると、間にレースを入れず、
宝塚からぶっつけで凱旋門に臨むそうだ。
その辺は、関係者の熟慮による判断であろうから、
素人の私が何をかいわんやであるけれど、
先日のハーツクライのこともあって、ちょっっぴりだけ不安になったりするけれど、 
そんなことを一蹴するディープインパクトの衝撃の走りを期待する。


嗚呼・・・、
あのテンポイントがキャンターを降ろしたかもしれない
フランスのロンシャンの緑の芝を先頭で駆け抜ける彼の勇姿を
日本で待つことにしたい・・・

頑張れ! ディープインパクト!
ハーツクライの分も、ホクトベガの分も、テンポイントの分も
いやいやすべての馬達と人々の夢を乗せて!
精一杯のエールを送ります。

JALcargo-dept0809-250.jpg
JALカーゴに乗り込むディープインパクトと見守る池江調教師(右)
珍しく黒いメンコをしているディープ君だ。
写真提供: SANSPO.com



ディープインパクトは、日本時間今深夜、シャンティに到着予定とのこと。

スポンサーサイト
13:50 | 現役牡馬 | comments (2) | trackbacks (1) | page top↑
Barbaro、ICUから外に出て歩く | top | インパーフェクト 流れに乗れず・・・

コメント

#初めまして!
はじめまして。コスモバルクファンのプリマベーラと申します。よろしくおねがいいたします。ディープいよいよ旅立ちましたね。ファーストクラス級の扱いだったとか…きっとバルクの輸送は、そんな扱いではなかったのでは…と思うと少しバルクファンとしては複雑ですが、そんなこと関係なく、ディープにはがんばってもらいたいですね。
by: プリマベーラ | 2006/08/13 19:47 | URL [編集] | page top↑
#
プリマベーラさん、おはようございます。
コスモバルクファンでいらっしゃるのですね。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
バルクの次走の情報、62kgを背負っての出走で、ちょっと心配していますが、、、。
どうなるんでしょうね、これから彼は。。。

>ディープいよいよ旅立ちましたね。
そうですね。 台風の接近で、朝から心配していましたが、無事シャンティに到着して、順調に調教を開始しているようですね。 
本当に、いよいよという感じがしてきて、ドキドキしてきます。
「 日本の至宝 」ディープインパクトですし、いまや世界中が注目をしている存在なので、ここまでのVIP待遇も仕方が無いかな。。。って思います。
過去の凱旋門に挑戦した馬達の例、特にタップダンスシチーの出発のアクシデントなんかを見ていると、やっぱり万全の体制で送り出してやりたいという気持ちになりますから。。。

>バルクの輸送
う~~ん。。。 今回のJALカーゴの担当の方も、過去の馬達の輸送の経験や失敗を生かして、いろいろ工夫を重ねてきたといっていたようですから、バルクの時も、帯同馬などはいませんでしたが、それなりに注意を払ってくれていたのでは・・・と思います。

いずれにせよ、ディープインパクトには、多くの日本人ファンや馬達の思いを乗せて、ロンシャンの芝コースを駆け抜けていって欲しいと思います。
特に、負けたハーツクライの分も、ハリケーンランに挑んで欲しいなあと願っています。

by: Jacaranda | 2006/08/14 09:52 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/132-055cfb30
2006/08/10 (Thu) 22:58 | ■soliloquy■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。