jpg NEO Sense of Horse Life Barbaro 引き続き順調、ギブス交換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Barbaro 引き続き順調、ギブス交換

Barbaro-Jul14-01.jpg
吊起帯を装着してのギブス交換( 参考写真 on Jul/14/2006 )
Photo by Penn Vet Medicine



18日( 現地時間 )Penn Veterinari Medicine 発表のBarbaro

Dr.ディーン・リチャードソンによれば、
Barbaroは安定した状態をキープ。

「 昨日の午後、我々はレントゲン写真をとり、
  右後肢の骨癒合状態を確認し、ギブスを新しく交換しました。」

「 レントゲン所見は、大変良好でした。
  7月8日に交換した補強プレートは、完璧です。
  また、骨折部位の化骨、骨癒合状況は、
我々の期待通りの快復を示していました。」

新しいギブスは、飛節以下の脚を固定するもので、
非常に良い効果をもたらしているようだ。

左後肢蹄部に補綴されている改良されたフットキャストのほうも、
同じく昨日、交換された。
フットキャストは、切除された蹄組織が形成されるまでの間、
痛めた蹄の安定と保護の目的で装着されているが、
蹄を自由に動かすことが出来るように、頻繁に交換する必要がある。

これら両方のギブス( キャスト )交換は、
すべて吊起帯で牽引された状態で、軽い鎮静剤を投与しながら行われた。
この交換作業の間、Barbaroは、
吊起帯を上手に利用して体勢をコントロールしていたようだ。

「 彼は非常に賢い馬ですよ。」

と、Dr.リチャードソン。


すごいぞ! バルバロ君!
その調子だ、頑張ろう!

そして・・・
Dr.リチャードソン、本当に尊敬します。

名外科医は、常に冷静沈着で迅速な決断と行動。
そして、暖かく謙虚な姿勢。
本当に、素晴らしいドクターだと思います。


( 英文原文 )

Kentucky Derby winner Barbaro remains in stable condition with good vital signs after a restful night, according to Chief of Surgery Dean Richardson. “Yesterday afternoon we changed his right hind leg cast to take new radiographs and to examine the incision,” said Dr. Richardson. “The radiographs looked good; the plates we placed on July 8 to fuse the pastern are intact and the fetlock fusion is unchanged. The leg and the incision looked as good as we could have hoped.”

The right hind leg cast supports the repair of the injury suffered at the Preakness on May 20, and it extends from the colt’s foot to just below his hock.

The modified foot cast, which acts like a bandage on Barbaro’s left hind foot, was also changed yesterday. The foot cast is rigid and provides stability and support, but will be changed often so that the hoof can be treated. Both cast changes were performed with Barbaro lightly sedated in a sling. He has adapted very well to being managed as needed in the sling. “He is a very intelligent horse,” said Dr. Richardson.

Barbaro continues to be monitored closely in the Intensive Care Unit of the George D. Widener Hospital at the University of Pennsylvania’s New Bolton Center.

スポンサーサイト
11:20 | Barbaro関連 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
最先端、最高水準の治療とは | top | Barbaro、安定した状態で新しいギブスも快適

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/126-5c11d876
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。