jpg NEO Sense of Horse Life 七夕賞いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

七夕賞いろいろ

kanaharaDragon.jpg
カナハラドラゴン 
写真提供: netkeiba.com


日曜、福島のメインレースは、七夕賞(G3)。

1.2着が、メイショウカイドウ、コンゴウリキシオーと順調な結果の裏に、
また、一頭ターフに消えた馬がいる。
カナハラドラゴン、8歳。
2コーナーあたりで、競争中止になってしまった。

今、JRAのサイトで確認したら、

9番カナハラドラゴン号(大西 直宏騎手)は、他の馬に関係なく馬体に故障を発症し、向正面で競走を中止しました。
馬 :左第1指骨粉砕骨折 ※予後不良
騎手:異状なし


と・・・
「 予後不良 」という悲しい文字。

カナハラドラゴンは、父 アンバーシャダイ (父の父) ノーザンテースト
母 ミナガワローマン(母の父 ブレヴェストローマン )という渋い血統。
浦川、谷川牧場の生産馬。

夏のローカル開催で、いつも耳にしていた彼の名前。
地道に、こつこつと走り続けていた。

運命と受け入れても、やはりとても残念。
冥福を祈ります。



twintarbo.jpg
ツインターボ オールカマー記念テレカ(1993)

さて、、、
この「 七夕賞 」にまつわる思い出。
私にとってはツインターボのことですね。

小さな逃亡者の逃げ馬だったツインターボ。
青いメンコで、韋駄天のごとく逃げて、最後ズルズルと後退する派手なレースぶりに、
多くのファンを魅了していた彼の1993年の七夕賞は、
どっこい” そのまま、そのまま~~!”の、4馬身差の逃げ切り勝ちしたレースでした。

七夕賞・・・
今年もまた忘れられないレースになってしまいました。


スポンサーサイト
00:52 | 思い出の馬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
コスモバルクの次走について | top | インパーフェクトよ、おまえもか

コメント

#
カナハラドラゴン…地味だったけど、時々聞く名前でした。
40戦も走っていたんですね。41戦目が初の重賞制覇なるか、のレースだったのに、残念
地味だけど、こつこつと走っている馬たちも競馬界を支えているんですよね。

「七夕賞」と言えばツインターボ、あの逃げ切りで一躍有名になっちゃって ^^;
でも、その後は淋しいものでした…

「七夕賞」の思い出がまた一つ増えました。でも悲しいな~
by: はむこ | 2006/07/10 16:37 | URL [編集] | page top↑
#
春のG1が終わって、夏競馬で、常連さんでしたよね。 
「 土曜競馬 」の特徴あるアナウンサーが呼ぶ、「カナハラドラゴン!」って言う響きが、妙に心に残る馬でした。もう少し頑張って重賞取って、引退できたかも・・・と思うと、
本当にご苦労さんでしたっていいたいです。
エプソムCにも出てたから、東京見に行けばよかったなあって、後悔先に立たずです。

> ツインターボ
あの七夕賞の大逃げとオールカマーのレースは、彼にとって、人生の最高のときだった気がしますからね。 地方に移籍してからは、苦労して・・・そして、亡くなっています。
好きでしたね。。。
「 My Memrial Horses 」に、リストアップしているので、そろそろ記事まとめたいですね。
by: Jacaranda | 2006/07/10 21:45 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/118-bae45b6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。