jpg NEO Sense of Horse Life いよいよダービー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

いよいよダービー

festival03.jpg
ダービーウイーク開幕祭 
東京競馬場 パドックにて  May 21 2006



いよいよ、第73回日本ダービーの日が迫ってきました。
どきどきしますね。
皐月賞で、渋い勝ちっぷりを見せてくれたメイショウサムソン、
そして、2歳のデビューから応援してきたマルカシェンクがようやくのクラシック戦線に参入と、
どの馬にも勝って欲しいという気持ちになるほどに、素晴らしいメンバーがそろいました。
昨年のディープインパクト一人旅のレースも感動しましたが、
今年は、久々の群雄割拠の模様。
全馬が万全の体制で臨んでくるという新聞報道に、どの馬にも勝機があるように見えてきます。


そんなダービーウイークの開幕祭がオークスのレース終了後の
東京競馬場パドックで、
杉本 清アナウンサーと鈴木淑子さんの司会で開催されました。

当日はとてもよい天気でしたから気分もよく、レース観戦後もすぐに帰宅せず、そのまま参加してきました。
まず、オークス初制覇のカワカミプリンセス鞍上の本田優騎手に花束贈呈し、喜びのインタビュー。

hondaJ350.jpg



そして、いよいよダービー有力馬騎乗予定の5人のジョッキーが登場です。
フサイチジャンク騎乗の岩田騎手、ドリームパスポート騎乗の四位騎手、
メイショウサムソン騎乗の石橋騎手、アドマイヤムーン騎乗の武騎手
そして!、マルカシェンク騎乗の福永騎手と、そうそうたるメンバーです。

どういうわけか、しきりにフサイチジャンク騎乗の岩田騎手にプレッシャーをかける4人。
杉本さんの、 
「 一番人気はどの馬だと思いますか?」
と言う質問に、皆が一様に、
「 そりゃ~~、ねぇ、フサイチジャンクでしょう~~!」
と意味深。
( でも、金曜オッズでは、その通りジャンクが一番人気になっていますよね。)
特に武騎手が、
「 ボクが4戦乗って、きっちり仕上げてありますから・・・ネッ!」
と、キツ~いジョークを飛ばしてました。(笑)

こんな風に、いつもはレース後コメントを受ける騎手たちの、
勝負服を脱いだ姿を見たり、お話を聞いたりしたのって初めてなんですが、
結構、ユーモアたっぷりのタレントさん並みの堂々たるもの(って、当たり前か・・・)でした。

それにしても、5人ともダークスーツに白いインナーとファッションをそろえていたんですけれど、
印象的だったのは、皆さんとてもスマート!
減量したりして体重をキープされているんでしょうけれど、本当にほっそりして無駄な贅肉が皆無のようでした。
特に、福永騎手、思っていたよりずっと華奢な感じでした。

それから、皐月賞制覇で、いち早く今年のクラシックジョッキーになった石橋 守騎手、終始とても自信にあふれていて、寡黙でいぶし銀の佇まいでした。 サムソンの2冠に向けて、馬も好調キープでその確かな手ごたえを感じている風でした。
当日は、パドックの様子を観て確信を持つことができるでしょう。


festival04.jpg
騎手たちに質問をする杉本アナと淑子さん



さて、応援しているマルカシェンク。
福永騎手がデビューから、
「 ようやくダービーを狙える馬に出会えました。 
  この馬で来年のダービーに向かいます。」
と、べたぼれでした。
「 ディープインパクト級のすごい奴と思っていたけれど、
  ちょっともしかしたら違うかも・・・・? と、この頃思ってます。」
と発言した福永騎手に向かって、武騎手がすかさず、
「 やっと判ったんだね。( ニヤリ! ) 」
と、返していたのがなかなかつツボにはまりました。
武騎手にとって、
ディープインパクトを超える馬が(世界に)いるはずが無いだろう!
という大いなる自信なのでしょうね。



festival05.jpg
右から:岩田、四位、石橋、武各騎手


festival02.jpg
そして最後に登場の福永祐一騎手.
生で観る彼は、同期の細井さんがおっしゃっていたように、とってもいい男でしたよ!


festival01.jpg
レースクィーンの人たちと優勝レイを真ん中にして
武豊騎手が、ひときわすらりと見えますね。




さぁ! あなたの夢を託す馬はどの馬でしょうか?
この赤いレイをかけて、最後にファンの前に現れる馬はどの馬でしょうか。
またあの興奮の東京競馬場へ!
いざ!

天候はあいにくの雨模様の予報です。
全馬無事に走りきって来ることを願って。。。

* 追記 *

今日の東京地方は雨。
馬場コンディションは、重馬場でしょうか...
オッズも、今メイショウサムソンが一番人気になりました。
この天気で、道悪をものともしないタフな彼を支持する人が増えたんでしょうかね。

嗚呼、頑張れ!
スポンサーサイト
04:34 | レースメモ | comments (0) | trackbacks (2) | page top↑
いぶし銀の輝き、2冠馬メイショウサムソン | top | コスモバルクの検疫騒動について ①

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://horselife.blog9.fc2.com/tb.php/100-1f94eb1e
さてと、もう競馬のお祭りか。去年はディープインパクトに大いなる期待がかかったこの時期、今年は混戦と言われていて当然皐月賞で負けた馬の巻き返しが十分考えられる。18頭中17頭が関西馬、関東馬はジャリスコ
2006/05/28 (Sun) 05:31 | 気の向く馬馬
なるほど今回のダービは競馬ブログ界ではだいたい3パターンに分かれてました。。。 ?馬券当たってバンバンザイ。 よかったよダービー派! 競馬の思い出様 いろんな意味で、良いダービーでした。 なはは、当てやすかったと思いますよ。確かに。。。 (◎ー○で外したわち
2006/06/02 (Fri) 00:27 | キルトクールブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。