jpg NEO Sense of Horse Life 2007年12月

トールポピー、2歳女王に

HaishinJF2007-netkeiba.jpg
写真提供 :netkeiba.com


2日の日曜日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝、GI・芝1600m)のレース。

ジャングルポケット産駒、池添騎手騎乗のトールポピーが、
目にも鮮やかな追い込みで優勝した。

勝ったトールポピーは、前走黄菊賞2着で抽選で出走にこぎつけたという。
それでも、勝ってしまうというところは、強い運を感じる。
これで、父ジャングルポケットに
初のG1勝利といプレゼントをもたらしてくれた。

その、ジャンポケ産駒期待の星といえば・・・・
今年の春のクラシックの最有力候補という存在だった( 嗚呼・・・っ過去形・・・
全兄、フサイチホウオー。。。。。
この間、ついに・・・ダート戦(一応G1のJCDだけど。。。)に借り出されて撃沈したホウオー。。。

去年は、東京スポーツ杯2歳S(GIII)、ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)、
今年の共同通信杯(GIII)と、飛ぶ鳥落とす勢いで勝っていた
フサイチホウオー。
今では、”早熟だった”
ナンテ言われていて、悔しい思いを抱えていたんだけれど。
ちょっと本当は複雑な気持ちなんだけれど、
でも嬉しい。


トールポピーも、
”早熟なのでは・・・?”
なんて、早くも囁かれていたりするけれど、
がんばってほしい!
池添騎手が、その背中の柔らかさに惚れ込んだというトールポピー。
シーザリオ、ウオッカ、ディアデラノビアと、
”牝馬の”角居厩舎でじっくり育ててほしい!
( 切に願います。)

顔の流星がその兄、(もちろん父)そっくり!な、ポピーちゃん。
この後、放牧に出されたそうだけれど、
来年の桜の舞い散る同じ阪神の1600mを
先頭で駆け抜ける姿を夢見て!

今年2007年の競馬も、グランドフィナーレに向かいます。




F-ho-o-kyodo01_20071205090242.jpg
お兄ちゃんのフサイチホウオー   共同通信杯 2007 パドック

りりしいお顔! 
やっぱりそっくりです!



スポンサーサイト
08:42 | レース回顧 | comments (3) | trackbacks (2) | page top↑