jpg NEO Sense of Horse Life 2006年02月

さよなら コスモサンビーム


コスモサンビーム 1着 
スワンS 2005
写真提供:SanSpo.com


2月26日(日)の出来事を書きとめておこう。

東の中山メインは、中山記念。
西は、阪急杯。

どちらも見ごたえのあるレースだったけれど・・・。
この日で、騎手生活を引退して、調教師になる松永幹夫騎手のラストデーでもあった。
その阪急杯、彼の騎乗するブルーショットガンの劇的一着の影で、
栄光の競走馬生活を静かに閉じた一頭のサラブレッド。

コスモバルクと同世代の同じ勝負服のコスモサンビームだ。
もう、何も言えない。。。

私は、その阪急杯をビデオに撮っているのだ。
ずるずると下がっていきながらも、なおも走り続けている姿が痛々しい・・・

3コーナーで心不全を起こしながら、彼の人生の不屈の精神力のように
4コーナーの直線まで歩いてきて、そして倒れこんでしまったという。。。


さようなら、コスモサンビーム。
栄光の2歳時から、挫折の3歳を経て、復活の4歳の走るあなたの姿に
元気をもらっていたんだよ。
バルクと同じザグレブを父に持ち、渋くその存在を見守ってきたのに。。。
本当に、今まで頑張ってきたよね。
どうぞ、安らかに。。。



〔 お知らせ 〕

最近、忙しくて記事をまとめる時間がなかなか取れません。
ですので、簡単なレース観戦記、感想などを、BBS ”Horse Board "
に綴っていたりします。
こちらは、リアルタイムにアップしています。
気軽な書き込みですので、良かったら覗いてみてくださいネ。

cosmosunbeem-HankyuH06.jpg
阪急杯 追い切りのコスモサンビーム
写真提供:DailySports.com


コスモサンビーム号に、「You Raise Me Up 」の曲を捧げます。(号泣)

合掌


スポンサーサイト
06:46 | 現役牡馬 | comments (2) | trackbacks (4) | page top↑

フェブラリーS


フェブラリーS 2006
写真提供:SponichiAnnex


毎週日曜日、TVで競馬観戦をしているのだけれど、
なかなか記事をアップする時間が取れない。

でも、先週末のダートのG1、フェブラリーSの回顧だけはしておきたい。
このフェブラリーSと言えば、強烈な記憶のあるレースで、
私にとっては、「フェブラリーS」=ホクトベガと言う図式が成り立つ。
ホクトベガのそのダートの強さを見せ付けてくれた1996年のレース。
大雪の舞う東京のダートを、雪を蹴散らし、吐く息を白くさせて、先頭を駆け抜けたかっこいい砂の女王、ホクトベガの姿。

さて、その今年のフェブラリーS、すばらしいメンバーが集結した。
見ごたえのあるレースだった。

一着は、カネヒキリ。 フジキセキ産駒。
お父さんのフジキセキは、幻のダービー馬と言われた、クラシック戦線勝たずして、屈腱炎で早々と引退して種牡馬になったサンデーサイレンスの初年度産駒の一頭だ。
そのフジキセキ自身は、芝適正のある馬だったけれど、産駒は、ダートに強い。

2着に着たシーキングザダイヤもすばらしかったが、やはりカネヒキリの強さが目立ったレースだった。

これで、3月25日のドバイのレース参加の遠征が決定だ。
現地で眠るホクトベガにレースの強運と無事を託そう。


レース全着順

1 14 カネヒキリ 牡4 57.0 武豊 角居勝彦 1:34.9 516(+2)
2 5 9 シーキングザダイヤ 牡5 57.0 ペリエ 森秀行 3 490(+8)
3 2 3 ユートピア 牡6 57.0 安藤勝己 橋口弘次 アタマ 482(+5)
4 6 11 ブルーコンコルド 牡6 57.0 幸英明 服部利之 1.1/4 518(-8)
5 4 8 ヴァーミリアン 牡4 57.0 ルメール 石坂正 1.1/4 524(-4)
6 3 6 サカラート 牡6 57.0 小牧太 石坂正 1.1/4 476(+4)
7 4 7 アジュディミツオー 牡5 57.0 内田博幸 川島正行 クビ 532( 0)
8 8 15 タガノゲルニカ 牡4 57.0 池添謙一 池添兼雄 2.1/2 472(+4)
9 7 13 タイムパラドックス 牡8 57.0 安藤光彰 松田博資 クビ 460(-2)
10 1 2 タイキエニグマ 牡5 57.0 田中勝春 清水美波 クビ 514( 0)
11 1 1 リミットレスビッド 牡7 57.0 バルジュ 加用正 ハナ 498(-6)
12 8 16 サンライズバッカス 牡4 57.0 柴田善臣 音無秀孝 1/2 464(-6)
13 3 5 スターキングマン 牡7 57.0 柴山雄一 森秀行 ハナ 466(-1)
14 2 4 ニホンピロサート 牡8 57.0 中舘英二 目野哲也 8 520(-4)
15 5 10 メイショウボーラー 牡5 57.0 福永祐一 白井寿昭 5 496(-4)
16 6 12 トウショウギア 牡6 57.0 藤田伸二 池上昌弘 5 520(-8)

00:44 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (2) | page top↑

ビワハヤヒデの引退


ビワハヤヒデと岡部騎手 1993
写真提供:RACINGFIELDS.com


北海道、日西牧場で、種牡馬生活を送っていた93年菊花賞、年度代表馬、
ビワハヤヒデが引退というニュース。
びっくりしたとともに、とうとうか・・・という寂しい思いが複雑に交じり合って胸を駆け巡りました。

ビワハヤヒデは、その現役時代、私にとっては、本当に愛すべき馬でした。  
愛嬌のある風貌と優等生的なレース振りから、春のクラシックロードは、シルバーコレクターに甘んじていたハヤヒデ君。 
そういう彼が一皮向けたのは、主戦騎手だった引退した岡部騎手(オカベ先生と”彼”、ビワハヤヒデは呼んでいたように思う・・・笑 )が進言してトレードマークの赤いメンコを(文字通り)脱いで臨んだ、菊花賞前哨戦の神戸新聞杯からでした。 
そして、逞しく変身した彼は、クラシック3冠目の菊花賞を見事に制覇したのです。
私は、この記念すべき彼の悲願の菊花賞のレースを、遠く地球の裏側のパラグアイで知ることになりました。
その年の10月末から、仕事でパラグアイに滞在中だったからです。
気になる彼の秋のこのレースを、リアルタイムで見ることはできなかったけれど、本当に嬉しかったのを覚えています。 
パラグアイの日系ホテルに毎日届く、スポーツ新聞の記事を読んで小躍りしました。
そのくらい、ビワハヤヒデのことは応援していた馬だったのでした。
しかし、その後のトウカイテイオーとの世紀のマッチレースの有馬記念も、 
古馬になってからのハヤヒデの活躍も結局この眼で見ることはかなわず、
私の帰国を待たずに彼は引退してしまいました。

「 気の向く馬馬 」のぜあみさんが、書かれていましたが、
彼は、母パシフィカスの持ち込み馬で、福島の早田牧場本場生まれです。 
その後の早田牧場の運命を知るにつけ、
彼の父系のマイナーな血統のせいもあり、なかなか産駒にも恵まれずに種牡馬生活を送っていたビワハヤヒデが、日西牧場で余生を過ごすことができるということに、安堵の気持ちでいっぱいです。

我が家には、そのビワハヤヒデのトレードマークだった赤いメンコをつけた94年宝塚記念レースの馬番13番の鞍をつけたぬいぐるみが飾ってあります。

彼も今年16歳という年を重ね、もうそんなになるのか・・・という感慨深い思いに襲われます。 
でも、私にとっては、お顔の長いお茶目なハヤヒデ君という3歳のままの彼がずっと心に残っています。 
3冠馬ナリタブライアンの”アニキ”としてではなく、やはり岡部騎手を”センセイ”と呼ぶ、律儀な優等生のハヤヒデ君として、いつまでも愛すべき馬として、この先も私の心の中では、ずっと可愛いビワハヤヒデ君のままでいるのでしょう。

こうして、記事を書き進めていくうちに、結局、私は彼を生で見たことがなかったということに気がつき、今すぐにでもハヤヒデに会いに行きたいという衝動に駆られてきます。
どうか、それまで元気でいてくださいね。 


ビワハヤヒデのことは、拙HPの「My Memorial Horses」にも、記事を寄せていますので、ご一読くださると嬉しいです。


06:40 | 種牡馬 | comments (0) | trackbacks (3) | page top↑