jpg NEO Sense of Horse Life 2005年12月

立て!バルクよ


コスモバルクと五十嵐冬樹騎手
有馬記念パドック 2004


いよいよ2005年の締めくくり今年の有馬記念レースが来週に迫ってきた。
12月に入って、慌しく過ぎてゆく毎日の中であるが、
毎週日曜日の競馬中継は欠かさず観ているのだけれど、
なかなか記事にアップできない。
そういう忙しくて、心がイライラしている時に、馬達の記事やレース回顧のビデオを観ると、
心がホッと落ち着く。
そんな時、私は本当に走る馬が好きなのだなと再認識する。

そんな中、11月のジャパンカップでもしかすると、中央最後のレースになるかも・・・
と悲しく寂しい思いで見ていたコスモバルクが、
なんとなんと有馬に出走してくるではないか!

私は、今年から北海道競馬のサポーターズクラブの会員になって、
その北海道競馬のニュースが、私の携帯メールに届いて来る。
で、12月12日(月)の15時過ぎに、「有馬記念へ順調に調教消化」
と言うタイトルのメールが届いた。

( えっ? 何々?? それってバルクのことしかないよね。
  えっ?えっ? バルク、有馬に出られるの?
  うっそ~~!! へぇ~~! そうなんだぁ・・・)

と、嬉しくなった。
バルクよ、もう自由に走っていいんだよ。
お前のうなだれたように歩く姿を見るのは
つらいよ。。。

そして、そして
何と、一年ぶりのコンビ復活だ!
鞍上は、あの初期の輝いていた頃のバルクとともに栄光のゴール板を何度も駆け抜けた
五十嵐冬樹騎手だ。

なんとなく嬉しい。
バルクの走る結果がどういうものであっても
今年の最後の走りを中山でもう一度見られる事がとても嬉しい。
それも、いろいろあった騎手の選択。
結局、バルクは野武士のバルクは、どんなヤネであっても
バルクらしく走って欲しいと思う。
いままで、いろんな人がお前の背に跨ってきた。
お前は、どう思っていたんだろうか・・・

どんな結果であっても、もういいんだよ。
そして、久し振りに五十嵐騎手といっぱいお話しなよ。

私は、今年のJCのパドック周回のバルクの寂しそうな姿が記憶から
離れないのだ。

やっぱり、ガンバレ!バルク!


関連記事:SANSPO.com




スポンサーサイト
01:46 | 現役牡馬 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

エルノヴァ、惜しかった~~!


エルノヴァ
写真提供:netkeiba.com


昨日の、中山のステイヤーズS。
思いかげず、牝馬のエルノヴァが大活躍でした。
嬉しかったですね。
あわやとも思って、直線必死に応援していたんですが。。。
残念、2着。

戦前は、大方の予想が、やはり昨年の菊花賞馬デルタブルースで決まりかという雰囲気。
パドックでも好気配。
「 今日は、硬いぞ。。 」
と思ったものでしたが・・・

やりましたね。
ゴールまで、逃げ切れるかという気もしたんですが、
飛んできたデルタブルースにアタマ差差し切られてしまいました。(涙)
惜しかった~~ぁ・・・

それにしても、3400mの長距離戦。
男馬を相手に、良くやりましたね。
もともと2000mを超えての実績は素晴らしいものを持っている彼女ですが、今日は鞍上のペリエ騎手の力もあったと思いますね。

2005年は、なんだか ”牝馬の活躍の年 ”
という印象ですね。


全着順

1  デルタブルース 牡4 58.0 ペリエ 角居勝彦 3:47.7
2  エルノヴァ 牝6 55.0 デザーモ 藤沢和雄 アタマ
3  サクラセンチュリー 牡5 58.0 佐藤哲三 佐々木晶 1.1/2
4  ラヴァリージェニオ セ6 57.0 五十嵐冬 鈴木伸尋 ハナ
5  ハイフレンドトライ 牡5 57.0 小林淳一 根本康広 3/4
6 ホオキパウェーブ 牡4 58.0 後藤浩輝 二ノ宮敬 2
7 マイネルホライズン 牡5 57.0 木幡初広 柴崎勇 クビ
8 ブリットレーン 牡6 57.0 吉田豊 加賀武見 3.1/2
9 ゴーウィズウィンド 牡6 57.0 蛯名正義 国枝栄 4
10 イングランディーレ 牡6 58.0 柴田善臣 清水美波 5
11 ホウザングラマー 牝6 55.0 田中勝春 加藤和宏 10


11着のホウザングラマーは、10馬身差の大差がついてますね。
これも、マラソンレースのせいでしょうかね。





08:06 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ステイヤーズステークスに期待!

Hookipa01-350.jpg
ホオキパウェーブ 
天皇賞・秋 2005 パドック



今日の、ステイヤーズステークス
芝 3600m(G2)
土曜開催じゃなければ、行って生で観たくなるほどの豪華メンバーの参戦。

昨年のJCで一目ぼれした牝馬エルノヴァが出ていますね。
う~~ん、デルタブルースが一番人気ですか・・・
サトテツさんのサクラセンチュリーも侮れませんし・・・
前走の天皇賞はイマイチでしたが、産経賞オールカマーの勝ちっぷりが印象的で、期待してますよ。

パドックの様子だと、やっぱりデルタブルースがいい気配ですね。馬体もピカピカと光ってます。
イングランディーレ、あっと驚く馬になるか?




ステイヤーステークス出走表


1 サクラセンチュリー 牡5 58.0 佐藤哲三 佐々木晶 498(+ 6)
2 エルノヴァ 牝6 55.0 デザーモ 藤沢和雄 476(+ 8)
3 ホオキパウェーブ 牡4 58.0 後藤浩輝 二ノ宮敬 490(+ 2)
4 ラヴァリージェニオ セ6 57.0 五十嵐冬 鈴木伸尋 502(+ 6)
5 イングランディーレ 牡6 58.0 柴田善臣 清水美波 518(+ 4)
6 デルタブルース 牡4 58.0 ペリエ 角居勝彦 528(+ 2)
7 ホウザングラマー 牝6 55.0 田中勝春 加藤和宏 466(- 2)
8 ゴーウィズウィンド 牡6 57.0 蛯名正義 国枝栄 472(+ 8)
9 マイネルホライズン 牡5 57.0 木幡初広 柴崎勇 516(+ 2)
10 ブリットレーン 牡6 57.0 吉田豊 加賀武見 500(+ 6)
11 ハイフレンドトライ 牡5 57.0 小林淳一 根本康広 480(+ 2)
15:02 | レースメモ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑