jpg NEO Sense of Horse Life 2005年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

インティライミに故障発生

intiraimi.jpg
ダービー2005 パドック



秋のクラシックを目指して、調整中だったインティライミの故障発生のニュースが入りました。

「 無念インティライミ、蹄の不安から菊花賞断念 」
  SANSPO

「 インティライミ右脚負傷で菊ピンチ 」
  Sponichi Annex



う~~ん、残念・・・無念。

今年の3歳牡馬の話題は、ディープインパクトの三冠奪取か
それを阻止する馬が現れるか?
といった期待もあったなかで、
ダービーの戦いぶりから、そのライバルとして筆頭に上げられていた
インティライミの故障ですから、
本当に残念ですね・・・

もちろん、私はディープインパクトの菊花賞の勝利を願ってはいましたが、
それでも素晴らしいライバル達がいてこその3冠の価値です。

ディープを管理している池江調教師のコメントを以前伺ったことがあります。

「 とにかく、3歳の夏を無事に過ごすこと。
  それが最重要課題です。 」

過去に3冠馬に輝いている馬の夏の過ごし方の難しさを
いやというほど見てきている師の重みのある言葉でした。

否、3冠という目標ということに限らず、
秋の重賞を勝ち進む鍵は、夏を上手に過ごして、力をつけてゆくということが、馬のような繊細な動物を管理する上で心を配らなければならないことです。
夏の休養中の放牧場での事故、病気、夏負け等、
過去にもシンザンなどのクラシックホースがその例として挙げられます。




インティライミ
父馬 スペシャルウィーク 母馬 アンデスレディー 母父馬 ノーザンテースト
生年月日 2002年4月6日 性別 牡 毛色 鹿毛
馬主 サンデーレーシング 生産者 ノーザンファーム
戦績 6戦3勝 2着2回
主な勝鞍 京都新聞杯(1着)東京優駿(2着)
所属 佐々木晶




スポンサーサイト
06:01 | 現役牡馬 | comments (2) | trackbacks (5) | page top↑

嗚呼、ダンスインザムード・・・

dance-in-mood02.gif
安田記念パドック 2005


夏競馬。
なかなかブログ更新、TV観戦する時間が取れません。
で、気になりつつ・・・・・

日曜の札幌メインレース、札幌記念
大雨のなかのレースだったのですね。

録画を忘れてしまったので、深夜の競馬ダイジェストをみました。

連闘のダンスインザムード。
期待空しく、惨敗です。

12着・・・

ああ。。。、もう引退なのかな・・・
前走、クィーンSの時も、+10数Kgの増体重。
太目が災いしているのかな・・・
果敢に先行してますが、直線全然延びないものね。

それにしても、昨年活躍していた懐かしい馬達の名前がずらっと並んでいたのに。。。
それらすべて。。。

ホオキパウェーブにしろ、スムースバリトンにしろ、サイレントディール、スズノマーチ・・・

なんだか、寂しいですね。

そんな中、嬉しかったのは、昨年、有馬記念で岡部騎手が乗っていた
7歳馬、コイントス。
頑張って3着に入りましたよ。

それにしても、札幌記念と言えば、
1992年の覇者、サンエイサンキューのこと。
3歳で、競争人生が燃え尽きた彼女が一番輝いていたレースでした。
忘れないよね。


嗚呼、ダンズインザムードよ、何処へ行く・・・・・


全着順

1 4 ヘヴンリーロマンス 松永幹夫 2:01.1
2 6 ファストタテヤマ 秋山真一 アタマ
3 10 コイントス 藤岡佑介 1.1/2
4 3 ブルートルネード 四位洋文 1.1/4
5 2 マチカネメニモミヨ 福永祐一 アタマ
6 5 エリモハリアー 北村浩平 3
7 1 オペラシチー 佐藤哲三 クビ
8 9 チアフルスマイル 松岡正海 クビ
9 8 ホオキパウェーブ 五十嵐冬 7
10 14 スプリングシオン 田中剛 1.1/4
11 13 スズノマーチ 北村宏司 3/4
12 12 ダンスインザムード 横山典弘 クビ
13 11 サイレントディール 藤田伸二 2.1/2
14 7 スムースバリトン 蛯名正義 7

03:50 | レース回顧 | comments (2) | trackbacks (6) | page top↑

関屋記念をTV観戦

diwamajor02.gif
ダイワメジャー ( 安田記念パドック 2005)

久し振りに、競馬中継をTV観戦しました。

今日の新潟11R、メインレース関屋記念(1600m芝18頭、G3)。
出走メンバーが、面白い。
前走安田記念で8着だった昨年の皐月賞馬ダイワメジャーが、
一番人気。
そのほか、同じく昨年のダービーでの骨折休養明け、久々復活のコスモサンビームの参戦が、嬉しい。
あと、オースミコスモ、ケイアイガード、7歳牝馬のエリモピクシーなどなど、夏も頑張っている馬達に声援を送りたくなる。

レース結果は、2番人気、福永騎手騎乗のサイドワインダー《牡7歳》が、逃げるダイワメジャーを、最後の直線で、大外から見事な差し切り勝ちだった。

コスモサンビームは、何と一年4ヶ月ぶり、一時は再起不能と言われていた彼、
久々だったが5着に入線。
涙ものだった。
3着は、長い写真判定後の同着決着だった。

本当に、いい試合でしたね。


全着順

1 17 サイドワインダー 福永祐一 1:32.3
2 11 ダイワメジャー 横山典弘 1/2
3 14 インセンティブガイ 後藤浩輝 1.3/4
3 18 ニューベリー 柴田善臣 同着
5 5 コスモサンビーム 佐藤哲三 2
6 8 マヤノシャドー 石橋脩 クビ
7 12 オースミコスモ 江田照男 1/2
8 4 ケイアイガード 熊沢重文 クビ
9 3 マイネサマンサ 安藤勝己 1/2
10 9 ロードフラッグ 二本柳壮 3/4
11 13 ウインラディウス 田中勝春 1/2
12 6 ハレルヤサンデー 大西直宏 クビ
13 15 ダイワバンディット 北村宏司 1
14 10 ニシノシタン 吉田豊 1.1/4
15 7 エイシンハリマオー 村田一誠 クビ
16 2 エリモピクシー 中舘英二 ハナ
17 1 ミッドタウン 津村明秀 1/2
18 16 マイティスピード 木幡初広 2.1/2


06:23 | レース回顧 | comments (0) | trackbacks (4) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。