jpg NEO Sense of Horse Life 海外競馬関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

アメリカン・オークス 2007

panty_raid01.jpg
4コーナーを回る各馬  ( 真ん中の緑の帽子が勝ったPanty Raid )
photo by Hollywood Park.com



日曜早朝のアメリカン・オークスのレース。

日本馬ローブデコルテは、ゲート出遅れからダッシュがつかず、
内を囲まれて、出るに出られず結局5着という結果。
残念というより、実力負けかな。。。と言う印象。

勝ったPanty Raid は、4コーナーを回るあたりから絶好の追い出しで強い競馬だった。 
素晴らしい。
ジョッキーは、あのBarbaro の主戦騎手だったEdgar Pradoで、
調教師は、先日牝馬の歴史的快挙で話題になった
ベルモントSの勝ち馬Rags to Riches を管理していたTodd Pletcher師。。。
まあ、勝って納得という気がするなあ。

オーストラリアから参戦していた注目馬のAnamatoも3着と惨敗。

こうしてみると、これまでの日本からの参戦牝馬たち、
ダンスインザムード、シーザリオそしてアサヒライジングと、
この3頭の強さがますます際立ってくる気がする。
そして、いずれもサンデーサイレンスの血が流れているのだ。。。
う~~ん・・・
やはり、こちらの”アメリカ生まれ”のサンデー血統、恐るべしか。


panty_raid02.jpg


American Oaks Official Results

1 4 Panty Raid 13.40 5.40 3.20
2 3 Valbenny (IRE) 3.40 2.60
3 6 Anamato (AUS) 3.60

5 5 Robe Decollete (JPN)




スポンサーサイト
03:05 | 海外競馬関連 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ローブデコルテに願いを込めて・・・

Pic_american_oaks_logo04.jpg


あれよあれよと、夏が来て、
昨日は、Cash Call Mile のレース。
日本馬の最先着は、キストゥヘヴンだったね。
JRAのサイトでの現地調教の写真の様子から、
彼女が3頭のうち一番調子よさそうに見えてたので、
結果もそのとおりになった。

で、続く明日の朝のアメリカン・オークス。
みんなの分も願いを込めて、ローブデコルテに期待しましょう。

がんばれ~~!


第6回 アメリカンオークス(G1)
7月7日(土) 16:43【日本時間 7月8日(日) 8:43】発走予定
ハリウッドパーク競馬場 芝 2,000m



$750,000 American Oaks Invitational Stakes (gr. IT, Race 10, 4:43 p.m.),
3-Year-Old Fillies, 1 1/4 Miles (Turf)
PP. Horse, Jockey, Weight, ML Odds
1. Baroness Thatcher (KY), Corey S. Nakatani, 121, 8/1
2. Supposition (GB), Rafael Bejarano, 121, 15/1
3. Valbenny (IRE), Alex O. Solis, 121, 7/2
4. Panty Raid (KY), Edgar S. Prado, 121, 5/1
5. Robe Decollete (KY), Yasunari Iwata, 121, 3/1
6. Anamato (AUS), Michael Rodd, 125, 8/1
7. Communique (KY), Richard Migliore, 121, 20/1
8. Audacious Chloe (KY), David R. Flores, 121, 6/1
9. Just Little (FR), Victor Espinoza, 121, 5/1
00:53 | 海外競馬関連 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Belmont Sの歴史を創った牝馬

Belmont2007-AFP.jpg
left: Rags to Riches
right: Curlin
photo by AFP




6月9日(土)、日本時間 6月10日(日)朝、
海の向こうのアメリカでも牝馬の歴史的快挙が生まれた。
3歳クラシック3冠レースの最後を飾る、
第139回 Belmontステークス(ダート12F 7頭立て)で、
なんとそのBelmontレース史上、102年ぶりの牝馬の優勝というニュースだ。

その牝馬の名は、Rags to Riches ラグストゥリッチズ

スタート直後のつまずきにもかかわらず、この素晴らしい牝馬、Rags to Riches は、
前走、プリークネスステークス(gr.I)の覇者Curlin カーリンとの壮絶な叩き合いの末、頭差。
先頭でゴールした。
感動的なレースだった。

1905年開催以来のベルモントの歴史の中で、牝馬の優勝は3頭目になった。
さらに、彼女は、Todd Pletcher調教師の3冠レース挑戦29回目にして、
初めての勝利をもたらしてくれた。

しかし、彼女のBelmontS参戦の決定には、レース開催当該週までかなり迷っていたらしい。
最終的にPletcher調教師が、彼女の力を信じての決断だった。

「 彼女の血統やレースの距離を考えてのこと。 
  彼女の性格であれば、きっと牡馬に混じってもやってくれるだろうと思っていた。
  本当に、特別な気持ちだ。 
  例えようのない最高の喜びだ。
  Belmontの歴史に残る快挙を成し遂げることができて、本当にうれしい。
  彼女の強さを再確認できた。感謝している。」(Todd Pletcher調教師の話)

鞍上のJohn Velazquez 騎手(初騎乗)のコメント。
彼も、21回目の挑戦で、とうとうクラシックジョッキーになった。

「 スタートで躓いたとき、心臓が凍りついたような気持ちになった。
  しかし、距離は、まだまだある。そう彼女を信じて乗った。
  牡馬に勝てて、鳥肌が立つほど感動している。
  観衆の中に飛び込みたいくらいにうれしい。 」



Belmont2007-02CBSNEWS400.jpg
スタート直後の躓き  こんな体勢からよくぞ!
( おお! まるで皐月賞のディープインパクトのようではありませんか・・・)



Belmont2007-03-350.jpg
左上がTodd Pletcher調教師


これで、今年のアメリカ3冠レースは、すべて勝ち馬が違うことになった。

冠目 ケンタッキーダービー優勝馬:Street Sense ストリートセンス
(PreaknessS 2着馬)
Belmontレースは、8/25のthe Traversレース参戦、
そして今年の最大目標であるthe Breeders' Cup Juvenileと the Breeders' Cup Classic制覇に向けて
調整のため回避している。)


冠目 PreaknessS: Curlin
(Kentuckey Derby 3着)

冠目 BelmontS: Rags to Riches

という結果だ。

Rags to Riches の次走については、
再び、牡馬との対決の可能性も示唆している。
今夏のthe Haskell Invitational( at Monmouth Park )
または the Travers (at Saratoga)だ。
さらに、牝馬のレースでは、
the Coaching Club American Oaks (*注:CCA オークスは、ローブデコルテが参戦予定のアメリカン・オークスとは別です!)か、
the Alabama (all gr. I)とのこと。


いや~~。。。
ますます、日本のウオッカ嬢の姿と重なります。
なお、半弟のカジノドライヴ(牡2 父Mineshaft その父A.P.Indy !)が、藤沢和雄厩舎から今夏新馬戦デビュー予定だそう。
楽しみですね~~!



BelmontS2007-USATODAY.jpg
Girl Beats Boy!
Belmont Stakes (USA) 2007
Photo by USATODAY


Rags to Riches

父 A.P.Indy 母 Better Than Honour(その父Deputy Minister)
祖母Blush with Pride
去年のBelmontSの覇者Jazilは、半兄。
2年連続での兄妹制覇。
父A.P.Indyは、1992年の同レースを制しており、父娘制覇という快挙。
デビュー戦(2006年4月):4着
2戦目:1着(6馬身差)
Las Virgenes S(米G1・ダート8f):1着
Santa Anita Oaks (米G1・ダート8.5f):1着(5.1/2馬身差)
Kentucky Oaks(米G1・ダート9.5f):1着(4.1/4馬身差)
G1・4連勝。
通算成績6戦5勝(重賞4勝)

記事参考 :
The Blood-Horse, Inc
ESPN.com
* こちらで、レース映像も見ることができます。

00:17 | 海外競馬関連 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

シンガポールのレース、日本馬のワンツー!

bulk-singapoleAR2007.jpg
シンガポール・エアラインズ・インターナショナル・カップ(国際GⅠ)芝2000m 
写真提供:ホッカイドウ競馬 「バルク日記」より 
     撮影 斉藤 修氏(深謝!)



今日は、忙しいですね~~!
(って、先週のヴィクトリアMのレース回顧のアップもまだです。。。汗汗)


もの凄く悔しい結果と、もの凄くうれしい結果と・・・
どちらも、涙が出てしまいました。

速報!

やりましたね~~~ぇ!!
国際G1でのまたまた日本馬のワンツー・フィニッシュ!!

ディフェンディング・チャンピオンのコスモバルクも、
(ちょっとかかっちゃったんだね・・・でも!)意地を見せてくれました!!
ありがとう~~!!


バルク本当に頑張った、今年は2着!

クランジ競馬場【GⅠシンガポール航空国際カップ】(国際GI・芝2,000m、13頭、発走=日本時間21:35)で2連覇に挑んだコスモバルクは、優勝したJRAシャドウゲイト(田中勝騎手、美浦・加藤征厩舎)に次ぐ2着でした! 連覇こそ逃しましたが、ゴール前でインから差し返し前年覇者の意地を見せました!
発馬を決めると気合十分にハナを奪う勢い、内の馬と雁行になり掛かった感じでしたが五十嵐騎手が我慢させて僅かに2番手。3角からスパートし外から並んできたシャドウゲイトに4角で交わされると、直線向いて一旦後退する感じ。しかし昨年を思い出したか、其処から再び闘志むき出しに差し返し、シャドウゲイトから1馬身少々差の2着でした!
世界に誇れる日本馬ワンツー、特に2年続けてのバルクの頑張りは大いに称えられる事でしょう。応援有難うございました!

北海道競馬運営改善対策室




シャドウゲイトも、ディープ世代ですからね!
やっぱり、強いんですよ!
一番人気だったんだ・・・(驚)
カッチー、恐るべし!

嗚呼、ラジオ短波のボリュームを上げて、
思わず、ラジオの前で、大拍手でした。

今夜は、これからオークスの写真整理とTVのVTR鑑賞、
そして、できれば・・・レース回顧も載せようと思っています。

よかったですね==!
ほんと!
バルク!
あんたは、え・ら・い!!
凄い馬だよ!

20070520223621.jpg
「バルク日記」より

2頭とも、無事に帰国してくださいネ!
本当に、感動をありがとう!!




続きを読む
22:38 | 海外競馬関連 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑

ウィジャボード、カーテンコールを前にして引退

bc06-ft1-Ouija-Board-horse-.jpg
Ouija Board
Breeders' Cup Filly & Mare Turf 2006
Photo by Horse-Races.net



JC観戦記第2弾のアップもままならないままに日がたってしまいました。
おまけに、鼻風邪が酷くて、集中力がなくなってます。。。
( 粗稿は、書いているんですが。。。汗汗)
その間、ハーツクライの引退も決まり、すでに彼は北海道に帰っていきました。。。
(がんばって、いい子を出すんだよ~~!)


そして、昨日。。。雨の中。
24日の有馬記念の前売り入場券も、友人の努力で無事確保できました。
(Dさん、ありがと~~♪)


明日は、中山に出向いて、朝日杯FSを観戦後、
香港インターナショナルレーシングフェスティバルレースに出走予定の
日本馬たちをそのまま中山で中継観戦する予定です。

ダンスインザムードの引退レースである香港マイルはもちろんのこと、
同じ5歳牝馬の英国牝馬ウィジャボード(英・ダンロップ厩舎)の香港ヴァースも、
彼女の引退レースとして予定されていたのですが・・・

なんと、前日の土曜日の朝、左肩跛行が判明し、
このレースの出走取り消し、そのまま引退ということになってしまいました。

う~~ん。。。なんとも残念です。
結局、先日のジャパンCの3着のレースが、最後になってしまったのですね。
あのレースも、直線最後の追い込みは、すばらしい脚を見せてくれました。

ウィジャボードは、2度にわたって、ヨーロッパの年度代表馬に選ばれている名牝です。
香港ヴァースの2連覇をかけて最後の舞台を駆け抜けるはずだったのに。。。
神様は、本当に意地悪です。

今後は、予定通りアメリカに渡って、繁殖生活に入るそうです。

11月4日のBCフィリー&メアターフを勝った際、オーナーである
ダービー卿が、
「 彼女には、いろいろな所に一緒に旅をさせてもらった。
  とても、感謝している。 もうそろそろ楽をさせてやりたいと思っている。」
と、いとおしそうに語っていたことが思い出されます。

初年度は、キングマンボと配合されるそう。

2006年の暮れも、活躍してくれた馬たちの引退が続きます。
いつかは迎えるこの日。
それでも、やっぱり寂しいものですね。


( JCの彼女の勇姿や、ハーツクライの写真、
  まとめてまた写真集にアップしたいと思います。
  いやはや、暮れになるといろいろやること多いですね。。。)

06:24 | 海外競馬関連 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。